JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

なぜ離婚した男性は同じ過ちを繰り返すのか?

2015年10月4日

タレントのスザンヌ、野球解説者の斉藤和巳と離婚

なぜ離婚した男性は同じ過ちを繰り返すのか?先日、タレントのスザンヌさんが、元福岡ソフトバンクホークス投手で野球解説者の斉藤和巳さんと離婚したことを発表しました。

斉藤さんは以前にも離婚歴があり、今回で「バツ2」になります。1度目の離婚でも似たような経緯をたどったようです。そういった状況で、短い期間で2人の子どもを授かり、2度も離婚をした斉藤さんには驚きます。

よく「夫婦のことは他人にはわからない」と言いますが、離婚の仕方に私はその人の人格を見ます。今回は、こうした同じ過ちを繰り返す男性について考えてみます。

相手の痛みに鈍感であるがゆえに同じ過ちを繰り返す

不倫疑惑、騒動が芸能ニュースで流れるたび、家庭がありながら他の女性と不貞を働く男性の多さを日頃から痛感しています。不倫などで離婚になれば、普通は「もう二度と同じ過ちはしないだろう」と思いたいのですが、残念ながら男性は繰り返す傾向があるように感じます。

なぜ、繰り返すのか。おそらく、自分の胸が痛んでいないからだと思います。もちろん、離婚は夫婦のどちらかだけが悪いということはありません。そして、どちらか一方が加害者・被害者ということではありませんが、実際はどちらかが別れを余儀なくされているケースが多いのです。

自分の心が痛まない人は、他人の痛みには鈍感です。人を傷つけた反省があれば同様のことは起こしませんが、残念ながら人を傷つける方は、罪の意識が欠落しているのかもしれません。そもそも痛みの共有ができていれば、離婚には至らないといえます。

プライドからか「離婚原因は妻にある」と言う男性が少なくない

私が、これまで見てきたケースでは、女性は離婚すれば結婚に慎重になりますが、男性は意外と早い時期に再婚をします。この相手が、以前の離婚に影響をもたらした人かどうかは別にして、往々にして男性の方が再婚することにためらいは少ないようです。しかし、ここで問題なのは、再婚した男性の再離婚率が再婚した女性のそれよりも多いことです。

これは、おそらく男性は最初の離婚から学習していないため、次の相手とも「同じ過ちを繰り返してしまう」という傾向があるからだといえます。それに比べ、女性は自分の短所を理解していて、次の伴侶とは、「その短所がなるべく出ないように」という用心深さと、要領の良さを持って新しい生活に臨むようです。

私のところに来る離婚経験者にその理由を聞くと、男性のほとんどが妻の浮気や浪費を挙げるのに対し、女性は具体的なことを言わず、口ごもりながらも必ず「私も悪かったんですが…」ということを言葉の前に述べます。男性と女性の違いを感じるのは、女性は現実を受け止め、夫に浮気をされた理由も自分にあると反省する点です。それに対し男性は、プライドからか「離婚原因は妻にある」と言う人が少なくありません。

別れ際の卑怯な嘘は、いずれバレる

私からすれば、娘のような年齢のスザンヌさんが「子育てにいっぱいいっぱいだった」と言っていたことには、「そんなに自分を責めないで」と抱きしめてあげたくなりました。

男性にも言い分はあると思いますが、別れ際に卑怯な嘘があれば、いずれバレます。斉藤さんが、もし私の息子だったら「もういい加減に人を不幸にするのをおやめなさい。そして信じてくれた妻を踏みにじって大成するはずがない」と言ってやりたい。もし、再々婚をするなら「同じ目に合うかもしれないですよ。かわいい子どもを置いてくるような男性を信じられますか?」とその相手にも言ってあげたい気持ちです。

専門家に相談してみよう!

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ