JIJICO

栗栖 佳子さん

コミュニケーションコーチ

若者の「働く意欲」を育てるには

2015年10月6日

仕事は、「やる気がなくてもするもの」

若者の「働く意欲」を育てるには「最近の若者には、仕事に対する意欲が感じられない」「いつも受け身で、自分から何かをやってみようという『やる気』が感じられない」といった声を企業のリーダー研修などでよく耳にします。

しかし、そう嘆いている人自身も、毎日働く意欲を持って仕事に取り組んでいるでしょうか。「今日は気が乗らない」「疲れがたまってやる気が出ない」と思っても、仕事には責任を持って取り組んでいるのではないでしょうか。これは会社で働くことだけに限らず、育児や家事についても同じです。

もちろん、毎日、意欲的に仕事に取り組むことは素晴らしいことですが、働くことに対して「やる気」「意欲」を重視しすぎると、「やる気がないと仕事はできない」という価値観に支配されてしまいます。仕事は「やる気がないとできない」ものではなく、「やる気がなくてもするもの」。まず、この点に気をつけておきましょう。

自己否定感が強いと仕事に対する意欲を感じられない

では、若者に働く意欲を持ってもらうためにはどうすれば良いのでしょう。「働きたい」という意欲は、何かを与えれば生まれるものではなく、本来その人の中にあるものです。それを「いかに消さずに引き出すか」という視点でとらえた方が結果が出やすいでしょう。

学生や企業の新人研修で気になるのは、「失敗してはならない」「他人と比べて自分に自信が持てない」「他人からの評価が気になる」など自己否定感が強いこと、失敗することを恐れて一歩足を前に踏み出せずに停滞していることです。

自分を否定して止まっている状態では、仕事に対する意欲を感じることができません。「働く」という行動を引き出すには、「自分はどう生きていきたいのか」「どんな人生を送りたいのか」ということが見えてこなければならないのです。そうでないと、働くということに対して「やらされ感」だけが強化され「自ら進んで努力する」という意欲と行動につながりません。

夢や目標など、若者の言葉を「聴く姿勢」が求められる

そして、「働く意欲」と「働くという行動」をつなげるには、「自分が今までやってきたことが、この仕事のこの部分に生かせる」ということに、本人が気付くことが重要です。

そのためには、今まで一生懸命に取り組んできたことや努力したこと、自分の将来の夢、目標などを言葉に出して話してもらうことが効果的です。話をすることで、「自分では当たり前だと思っていたことが、実は自分の強みだった」と気付いて、自分を肯定的に捉えることができるようになるからです。

また、将来の夢や目標を言葉にすることで「やれるかもしれない!」「やってみたい!」というワクワク感が引き出されてきます。「別に目標なんかない」という若者にも、最初から否定したり評価しないで、とことん相手の気持ちをわかろうとして「聴く姿勢」が大人には求められます。

若者自身が自分と向き合う時間が「やる気」を育てる

大人が一方的に正論を述べたり、アドバイスをしたりするのは逆効果です。本人がじっくりと自分と向き合う時間こそ、やる気を育てるために必要な時間なのです。

「自分の夢の周辺やその先に何があるのか」と、自分とコミュニケーションを取りながら探していくと、今ここで生かせるもの、仕事に使えそうなアイデアやヒントが出てくることがあります。これがやる気の火種になるのです。

若者が「仕事にやりがいを感じる」「この仕事は面白い」「自分の仕事が人の役に立てて嬉しい」と感じられるチャンスを作るのは、先輩である人たちの責任です。今後は、「勉強だけをすれば良い」という勉強最優先の生活から若者を解放して、子どもの頃から家の仕事や家事の手伝いを任せるなど、大人も子どもも共に「働く」というリアルな就業体験が必要になってくるでしょう。「家族(人)のために自分が働くことで家族(人)が喜んでくれる」という体験が、将来の働く価値観を形成する基盤となるからです。

汗を流して働くことの価値、自分がやりたいと思える仕事を見つけるチャンス、これは日常の暮らしの中にたくさん潜んでいることを、若者や子どもを育てる人たち自身が忘れないことが大切といえるでしょう。

専門家に相談してみよう!

栗栖 佳子さん
コミュニケーションコーチ

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ