JIJICO

五井 淳子さん

社会保険労務士

更年期・介護で退職する第一線の女性たち、人財を守るために企業ができること

2015年10月7日

第一線で働いてきた女性たちも「中高年」と言われる年齢に

更年期・介護で退職する第一線の女性たち、人財を守るために企業ができること男女雇用機会均等法施行から、今年で29年。バリバリの総合職として第一線で働いてきた女性たちも、いわゆる「中高年」と言われる年齢に差しかかっています。「中年女性はパワフルで元気」というイメージが一般的かもしれませんが、実はその多くが更年期の症状に悩まされながら働いています。

「更年期」とは、加齢による卵巣機能低下が原因で女性ホルモンが減少し心身に不調をきたすという、中高齢女性に多くみられる症状のことです。管理職など責任ある立場で活躍する彼女たちも例外ではなく、集中力および意欲の低下、倦怠感、ひどいときにはうつ的症状と闘いながら日々の業務にまい進しています。

更年期だけでなく親の介護と直面せざるを得ない年代

この世代の女性は、更年期だけでなく親の介護と直面せざるを得ない年代でもあります。自身の体調不良を抱えながら仕事をこなすだけでも精一杯なのに、親の面倒まで見なければならないとすれば、その負担は相当なもの。

しかし、当の女性自身が「評価に関わる」「なんとなく話しづらい」といった理由から多くを語らず、悩み苦しんだあげく昇格をあきらめたり、退職に追い込まれたりしているのが現状です。

多大な時間とお金、労力をつぎ込んで育てた女性管理職を失うことは、企業にとっても大きな損失です。さらに少子高齢化を迎え、今後ますます労働力が不足するわが国の現状をかんがみても、女性にできる限り長く働いてもらわなければ、事業の発展どころか継続すら難しくなるでしょう。

女性の置かれた環境への理解を深めるために社員の教育研修を

このような状況を改善するためには、まず社内において自身の更年期症状や、親の介護の状況などについて話しやすい雰囲気を作り、情報の共有を図る必要があります。そうすることで、女性たちの置かれた環境への理解が深まるだけでなく、適切なサポートにより、勤務の継続が可能になるでしょう。

全社員を対象に、女性の加齢による心身の変化に関する教育研修を行い、正しい知識を得てもらうのも大切なことです。中小企業などにおいて、単独での研修開催が難しい場合には、商工会などを通じて外部の専門家を招き勉強会を開催するなど、地域ぐるみで問題解決に取り組んでもよいでしょう。

休みを取りやすくするためには就業規則の見直しも必要

また、こうした状況にある社員がもっと休みを取りやすくするために、就業規則の「生理休暇」や「介護休暇」に加え、「更年期休暇」を設けるという方法もあります(名称については、ストレートすぎて抵抗があるかもしれないので一考の余地はありますが)。

近年、イクメンの登場や政府の方針もあり、妊娠、出産後の女性の就業に関しては企業も柔軟に対応するようになってきました。そんな彼女たちもいずれ妙齢となり、更年期との付き合いが始まります。貴重な人財を、対応の遅れによってみすみす失うことのないよう、長期的視点を持ってしっかりとサポートしていきたいものです。

専門家に相談してみよう!

五井 淳子さん
社会保険労務士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ