JIJICO

二上 昌弘さん

お墓ディレクター

「家族葬」「直葬」の急増要因と思わぬデメリットとは?

2015年10月13日

新しい葬儀の形として「家族葬」「直葬」が定着

「家族葬」「直葬」の急増要因と思わぬデメリットとは?ここ数年、新しい葬儀の形として「家族葬」という言葉が生まれ、言葉自体は世間一般でも定着した気がします。また、全ての葬送を火葬場で完結する「直葬」という形式で葬儀を行う人も以前より増えていると聞きます。

しかし、これら新しい葬儀の内実まで、一般消費者が理解しているとは思えないのが現状です。今回はなぜこれらの葬儀が増えつつあるのか、その理由と実際の葬儀の内容、葬儀形態のメリット、デメリットについて紹介します。

新たな葬儀形態が受け入れられている理由

新しい葬儀形態が生まれ、世に受け入れられ始めているのには、二つの理由があります。まず、一つが社会的な変化、もう一つが経済的な問題です。社会的な変化として挙げられるのは、核家族化、地域共同体(コミュニティー)との関係の希薄化です。核家族化により親子3~4人の世帯が圧倒的に増え、高齢者の夫婦世帯、独居世帯が増えたことにより、「祖父母を亡くす」ということが身近に感じられなくなっています。

また、特に都市部ではいわゆるご近所付き合いが減っており、隣にどんな人が住んでいるのか分からない、という状況も珍しくありません。以前は葬儀ともなれば「隣組」といって、近所の人が手伝ってくれることが多かったのですが、そのような習慣もなくなってきています。

手間や時間、お金をかけない葬儀が必要とされている

一方、長引いた不況により、経済的に余裕が無いという家庭において、「死者を悼む気持ちはあるが、葬儀という日常に直結していない儀礼にお金をかけられない(かけたくない)」という人が増えていきます。決して近親者の死を軽視しているわけではなく、葬儀のような儀礼よりも日常生活のためにお金を取っておきたい、という事情もあるわけです。宗教的な信仰心が薄くなっていることも、「お金をかけたくない」という思いに拍車をかけているかもしれません。

そうした流れの中で、できる限り手間や時間を掛けず、お金もかからず、人間関係の煩わしさがない葬儀形態というものが必要とされる傾向になってきたのではないかと思われます。

では、実際にそれぞれの葬儀の方法を説明します。まず「家族葬」とは、文字通り参列者を家族に限って行う葬儀のことです。以前から「密葬」という形で家族のみで葬儀を挙げることもありましたが、密葬の場合は、その後「本葬」という別の場を設け、家族以外の参列者に案内を出すのに対し、家族葬では家族のみが参列する葬儀のみで終了となります。

また、「直葬」とは故人が亡くなった病院などから火葬場へ直行し、通夜や葬儀を行わず、荼毘に付す(遺体を火葬すること)方法です。炉の前で僧侶などが読経や儀礼を行うこともありますが、必ず行うものとも限りません。いずれの方法も、「シンプル」「時間がかからず」「出費も少なく」という点で共通しています。

方法によっては一般的な葬儀と負担費用が変わらない場合も

では、これら新しい葬儀の形態について、どのようなメリット、デメリットがあるでしょうか。メリットとしては、既に記している通り、儀礼特有の「煩わしさ」から解放され、時間的、精神的束縛を軽減できるということ、また、家族だけで行うことにより、故人と家族との時間を大切にできるということ、簡略化により費用負担の軽減が挙げられます。

一方、デメリットは家族以外に故人と関わりのあった人が「葬儀に参列したい」という気持ちを昇華する場が与えられず、葬儀後に弔問客が訪れることになり、かえって気疲れしてしまったりすることです。さらに、葬儀の仕方によっては一般的な葬儀と費用負担が変わらない場合があり、香典をいただくことができないので、負担感が増してしまう場合があることなどです。

葬儀は故人が最後に社会と関わる場でもあります。費用の面、家族の気持ちのみを優先するのではなく、どのような葬儀を行えば故人が喜んでくれるのか、故人と関わった人々の気持ちを昇華することができるのか、これらの面についても考える必要があるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

二上 昌弘さん
お墓ディレクター

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ