JIJICO

飯田 裕さん

医学博士・歯科医

児童虐待早期発見へ 期待される歯科医の観察眼

2015年10月22日

幼児1000人に2.2人の割合で虐待は起こっている

虫歯近年、子どもへの虐待が増加していると言われています。餓死した子どもが見つかった事件など、痛ましい事例を含め、ここ数年で悲惨なニュースをいくつも耳にした気がします。

虐待を受けている子どもの多くは乳幼児、就学前の児童です。厚生科学研究によると、6歳未満の幼児1000人に2.2人の割合で虐待が起きているとの推計もあり、虐待が決して稀なものではなく、身近に起きていると考えられます。こうした児童虐待やネグレクト(育児放棄)を早期に発見するため、子どもの歯と「歯科医の観察眼」が注目されています。

子どもの異変に気付ける歯科医師ならではの特性

歯科医師はこの年齢の子どもたちの虐待を早期発見できる理由として、以下のような優位性を持っています。

●1歳6ヶ月健診、3歳児健診などの機会を通じて、子どもと親の両方と接触できる
●虐待行為が隠ぺいされていても、口の中の状況から推測できるケースがある
●診療室では保護者などの付添者を退室させて歯の治療を行うことから、子どもをよく観察し、聞き取りが可能である

診療を通して歯科医師や歯科衛生士がいち早く子どもの異変に気付くことができれば、虐待の可能性を関係機関に通報し、早期発見や再発防止に繋がります。では、実際にどのような点に注目して虐待を見つけるのでしょうか。

目立つ暴力の痕跡がなくても、虫歯の多さが手がかりに

暴力による虐待被害を受けている子どもの所見としては、
1.不自然な怪我、傷、やけど、あるいは歯が折れているなど
2.同じような怪我ややけどを何度も繰り返す
3.不潔な服装
4.低体重、低身長
といった特徴が指摘されています。しかし、こうした顕著な虐待をしている親は虐待行為を隠蔽する、あるいは全く無関心なために、歯科や小児科を受診すること自体があまり無いようです。

そんな中、目立つ暴力の痕跡がなくても、軽度の虐待やネグレクトの場合には、一言で言えば「虫歯が多い」傾向にあります。虐待を受けた子どもたちの歯の状態は劣悪で、8歳の一般的な子どもの虫歯の本数は平均0.2本であるのに対し、虐待されている子どもでは平均3.0本、すなわち15倍多いとするデータや、育児放棄された児童(12歳)では、大部分の永久歯が虫歯だったとする調査結果も報告されています。

歯科医師の小さな気付きが虐待の芽を摘み取る

また、保護者に担当医から治療内容や注意事項を説明しても無関心だったり、同伴すらしなかったりという事例の場合も児童虐待を疑うべきとされています。

単純に「虫歯が多い=虐待」と決め付けるのは短絡的で、体格や発育状況だけを見て先入観を持つのも避けるべきですが、歯科医師の小さな気付きやおせっかいが、もしかしたら暴力へとエスカレートしていくかもしれない虐待の芽を見つけることになるかもしれません

専門家に相談してみよう!

飯田 裕さん
医学博士・歯科医

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ