JIJICO

村上 義文さん

認定事業再生士

当事者の性善説で成立!?「民泊ビジネス」の可能性

2015年11月3日

居宅を宿泊施設として貸し出すマッチングサイト「AirBnB」とは

当事者の性善説で成立する「民泊ビジネス」の可能性日本海に面した北向きの都市として栄える福岡。アジアに開かれた都市として、日本の中でも異彩を放っています。最近、福岡市内で見慣れない外国人が付近のマンションの一室から出入りし、近隣の住民が不安がり、いぶかることが問題になりました。蓋を開けてみれば、マンションの一室を宿泊施設として有料で貸し出す「民泊」の手法を適用したものでした。

このサービスは、居宅を宿泊施設として貸し出したい人(ホスト)と、日本的な住空間を手頃に体験宿泊してみたい人(ゲスト)をマッチングするサイト「AirBnB(エアビーアンドビー)」を利用したものでした。

日本の登録者は1年前に比べ3倍に急増

「AirBnB」は「世界190カ国超の地元の家で暮らすように旅をしよう」がコンセプトのアメリカ発祥のインターネットサービスです。2008年8月創業し、本社はサンフランシスコ。世界190カ国、通算ゲスト数4,000万人、3万4,000以上の都市でサービスを展開しています。日本の登録部屋数もおよそ1万3,000室が登録され、1年前に比べれば3倍に急伸しているといいます。

ちなみに同サイト上で、ある週末の福岡市内の貸し切り及び個室、大人一人で検索すると、和洋さまざまな123件の部屋が登録されていることがわかります。最安値は一泊2,188円から高値は37,696円、平均単価は8,350円。これを高いと見るか安いと見るかは評価が分かれますが、福岡市内の一般的なビジネスホテルよりもやや高いことがわかります。

規制を無視して野放図にすれば、事件の温床になりかねない

システムだけを聞けばホストは毎月一定の収入が上がる反面、宿泊者による盗難・破損で物件に損失・損傷が出ないかという懸念点が考えられます。また、ゲストは他人の家で快適に安心・安全に過ごすことができるのか、そして、双方共通の懸念として代金決済が挙げられます。

そんな中、こうした利用者の悩みを解決したビジネスモデルが「Airbnb」の人気の秘訣といえるでしょう。ゲストによる盗難や破損などが生じた場合、最大1億円まで補償されます(保証適用国のみ)。ホスト側もサイト上のプロフィールやおもてなしの精神を発揮し、たくさんの良いレビューがもらえるよう快適なサービスに努めます。ゲストは「Airbnb」で料金を支払い、ゲストがチェックインしてから24時間後に「Airbnb」を通してホストに代金が振り込まれます。

少子高齢化により、空き家対策が喫緊の課題になっている我が国にとってうってつけのサービスであり、多くのビジネスチャンスが潜んでいるように映ります。ただ、規制を無視して野放図にすれば、事件の温床になりかねない二面性があるようです。

ゲスト及びホストとも性善説の上に成り立つサービス

平成26年7月10日、厚生労働省健康局生活衛生課長の「旅館業法の遵守の徹底について」と題した通知が出されました。骨子は東京都内で自宅の一部を貸し出して、外国人を宿泊させる宿泊施設を無許可で営業したとして、旅館業法第3条違反で逮捕された事案に端を発するものです。

福岡県保健衛生課営業指導係も「業として対価を得ている以上、施設要件をクリアし、旅館業法の営業許可取得は必須です。治安や衛生面、あるいはマンションの規約にも注意をしてほしい」とコメントしています。

2020年の東京五輪に向けてホテル不足が叫ばれている中、民泊の活用は不可避と見られますが、このサービスは善なる当事者、つまりゲスト及びホストとも性善説の上に成り立つサービスといえます。通訳派遣や室内清掃、飲食提供など派生するビジネスも多数考えられるだけに、事業のリーガルチェックは抜かりなく臨みたいものです。

専門家に相談してみよう!

村上 義文さん
認定事業再生士

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ