JIJICO

松林 秀典さん

一級建築士

欠陥マンション問題に見る下請け業者の厳しい現実

2015年11月4日

建築業界で相次ぐ不祥事

欠陥マンション問題に見る下請け業者の厳しい現実連日の報道で御存知の通り、横浜のマンションで杭の打ち込み不足によるマンションの傾斜が問題となっています。この問題をきっかけに、他の建築物でも次から次へとデータ改ざんが明らかになり、大きな社会問題へ発展しています。

以前にも東洋ゴムの耐震偽装問題やさらに遡ると姉歯事件、最近になって大和ハウスで防火戸に不正があるなど、建築業界では不正や改ざんなどの憂慮すべき問題が次々に明らかとなってきています。果たして、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

技術者の高齢化も要因の一つ?

まず一つの要因として、建築技術者の高齢化問題があると考えます。杭打ちのデータなどは作業開始時にセットする必要がありますが、建築技術者の高齢化でうっかり忘れてしまい、途中からデータ機器を作動させてしまうことも起こりえるミスの一つです。

また、高齢者ということは経験が豊富な技術者が多く、その経験に頼ってしまうこともあります。「このような場合であれば、このくらいで問題ないだろう」という経験測で判断してしまい、実際の測定データを使わず近隣の測定データを流用するなど、あってはならない事態も想定されます。

下請けに課せられる厳しい工期日程

今回のマンションの傾斜問題について、そうした経験による判断があったのかどうかはわかりませんが、短い工期設定をされて判断を急がされてしまった下請け業者には、大きな重圧があったのではないかとも考えられます。この工期についても、技術者の高齢化と同様に問題の温床となる可能性があります。

マンションやアパートなどの大きな現場では、最初に竣工予定日を決め、そこから着工日を逆算していくことがあります。ここに、大きな問題があります。この逆算自体に問題はありませんが、同時に開発許可や確認申請などの手続きを同時に行うため、スムーズに許可が下りない場合、着工予定日になっても工事が始まらないケースが多く見られます。しかし、竣工日は契約時に施主へ伝えてあるため、変更するわけにはいきません。結局、ずれ込んだ着工日から工事をスタートするため、無理な工期になってしまうという悪循環が起きてしまうわけです。

「工期に余裕を見て考えておけばいい」と思うかもしれませんが、顧客を逃がさないためにはその希望納期に応えていく必要があり、また、その納期から逆算するため、厳しい工期でも無理をして受注する必要が出てきてしまうわけです。

下請けと元請けとの連携体制の整備が求められる

さらに、下請け業者の立場は元請けの設定した工期に間に合わすことができなければ、次の仕事がなくなるのではないかという重圧との戦いです。本来なら余裕を見込んで1カ月欲しい工事期間でも、ギリギリ1カ月といった具合で工事期間が設定されてしまい、その中で工事を間に合わせる必要に迫られます。天候の問題や職人の人手不足などはお構いなしで、間に合わせていくためにどんなことでもしなくてはいけない状況です。

こうした問題は本来、あってはならないことです。また、若い技術者を育てること、適正な工期をしっかりと判断することは、当たり前に求められていることです。仕事をしながら技術者を育てていくのは、下請け業者にとっては厳しいことではありますが、元請け業者が重圧をかけていくのではなく、元請け業者との連携がしっかりできる体制が整えられることを願うばかりです。

専門家に相談してみよう!

松林 秀典さん
一級建築士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ