JIJICO

村越 真里子さん

夫婦問題カウンセラー

夫とは違う!妻が持つ異性の友人「セカンドパートナー」が与える夫婦関係への影響

2015年11月6日

夫以外の男性と食事や映画に行く相手「セカンドパートナー」とは

夫とは違う!妻が持つ異性の友人「セカンドパートナー」が与える夫婦関係への影響「セカンドパートナー」。聞き慣れない言葉ですが、妻が夫以外の男性と食事や映画に行く相手をこう表現しているそうです。最近は妻だけでなく、互いに配偶者がありながら、こうしたパートナーを持つ人たちが増えてきているそうです。そんな関係を是か非かではなく、こうした形態が夫婦に与える影響について考えたいと思います。

交際中には見えなかった夫の一面に失望はしても、離婚をするほどではない。でも、共感性の少ない夫には寂しさを感じるため、せめて趣味や嗜好だけでも楽しめる相手と時間を過ごすということは、妻にとっては安らぎの時間となります。我慢し過ぎ、または不満をぶつけて関係が悪化するよりも、ストレスを解消しながらリスク回避をする方法を模索した結果が、このセカンドパートナーという存在かもしれません。

実は女性の方が夫とセカンドパートナーを区別できる

ゲームのようにすぐにリセットボタンを押すのではなく、即離婚か否か、白か黒か決着をつけるのではなく、結婚生活を続けて行くための生きる知恵かもしれません。ところが、夫が同じことをするとなると話は別です。妻はセカンドパートナーと割り切れても、夫がそれをすれば異性の相手と長くプラトニックな関係を維持できるかはわかりません。

妻がいくらセカンドパートナーを信頼していても、夫は妻のセカンドパートナーがこと男性なだけに、プラトニックを死守できるとは信じていません。また、男性がよく言う言葉に「男の浮気は遊びだけど、妻の浮気は本気になるから許さない」というものがあります。しかし、それはちょっと誤解で、現にこのセカンドパートナーという観点からすれば実は女性の方が夫とセカンドパートナーを区別した関係性が築けています。

夫婦関係において、この状態が健全とは言いがたい

実際、当方での相談ケースでも、妻が浮気をしても子供のために離婚は避けたいと言われ、夫の浮気で離婚になるケースが断然多いのが事実です。つまり、本気になってしまうのが男性なのです。夫は男という「オス」の習性を知っています。つまり、妻の向こう側にいるセカンドパートナーには信頼感は持っていません。となると、妻のセカンドパートナーにプラトニックな付き合いを死守する意思の強さが担保されていないと、この関係は簡単に壊れます。

夫が妻のセカンドパートナーに理解を示すことだけが丸く収まることではなく、セカンドパートナーであるその男性も、同じ意識の持ち主である必要があります。そもそも、セカンドパートナーに行き着く前に妻が夫の何に失望し、本当に改善が不可能なことなのかを最低限夫婦が共有していることが大切です。その上で夫婦として機能していないと言えるのであれば、仕方がないという「諦めの感情」があるのは確かです。夫婦関係において、その状態が健全とは言いがたいと考えられます。

夫がセカンドパートナーを妻の浮気ではないと受け取れるか

夫以外の男性と話をして、楽しいと感じ、また会いたいと思う気持ち――。夫にとってそれは「恋の一種」だと考えるのは当たり前です。「セカンドパートナー」という格好いい言葉の置き換え。夫で満たされない物を「セカンドパートナー」で置き換え。何もかもが置き換えという「代替」で、夫婦関係という観点から見れば根本解決にはなりません。

そもそも、浮気は男の専売特許。裏切られることに男性は免疫がありません。だから夫は妻の浮気は許せないと主張しますが、これは恐怖心です。妻の「セカンドパートナー」という存在を夫は浮気ではない、新しいジャンルと受け取れるかどうかですが、まだまだ始まったばかりのことで結果が検証されていません。課題は満載ですが、今後の方向に注目していきましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ