JIJICO

宮本 章太郎さん

心理カウンセラー

「空気を読む=消極的」か?思考停止に陥らないためのヒント

2015年11月15日

空気を読むことが、思考停止につながる?

「空気を読む=消極的」か?思考停止に陥らないためのヒント先日、ビジネス系のニュースサイトにて、「空気を読むことが、思考停止につながる」との記事を目にしました。確かに、今や日本の社会は「空気を読む」ことばかりに終始し、自分で考えることを忘れてしまっているのかもしれません。しかし、空気を読むことが消極的になる原因となるものの、空気を読まずに少しでも周りとズレたような反応をすれば、途端に仲間外れにされ、イジメの標的になってしまうこともあります。

では、どうして空気を読むことが消極性を生み、自分で考えられなくなる原因となるのか。まず、考え、考えさせられるというのは、課題やプレッシャーでしかありません。課題やプレッシャーを楽しめるような人なら話は別ですが、多くの人は辛い思いを避けようとし、なるべく考えないように消極的になっていきます。

思考停止の悪循環に陥ってしまう

それとは対照的に、「空気を読むのだから、周りや状況をよく考えている」との意見もあります。しかし、実は空気を読み、考えているのではなく、ただ周りに気を遣っているだけです。一見、よく考えているように見えても、実は考えているのは自分のことばかりになります。「どうしたら仲間外れにされないか」「どうしたら周りに必要とされるだろうか」という防衛本能や承認欲求からくる心理が働いているわけです。

しかも、この心理は無意識に働くため、本人が意識しているわけではありません。このような心理が働けば、自分のことばかり考えて物事を客観的に見ることができなくなり、徐々に思考が自分の内側に向いてしまい、周りに対して消極的になります。

すると、「自分はこんなにダメな人間なんだ」と自分を責めるようになり、周りに対して気を遣うも、なかなか合わせられず、期待に応えられない自分を更に責め続け、最終的にはどうしたらいいのかわからなくなって思考停止の悪循環に陥ってしまうのです。

空気を読むことを優先して思考力を失わない

つまり、空気を読み過ぎれば自分を責めてしまう心理が働き、物事に対して消極的になるばかりか、思考が停止して何も考えられなくなる危険性もあります。思考停止や自分で考えないことは、「責任逃れ」とも言い換えられます。そもそも、考えて行動すればそこには必ず責任が生じ、何も考えず他人任せにしていれば、自分は無責任でいられます。やはり、何かを考え、考えさせられるというのは、課題やプレッシャーでしかなく、何とか避けようとしてしまうのではないでしょうか。

ただでさえ空気を読むのに必死で疲れているにも関わらず、その上、責任を負わされるなど、プレッシャー以外の何物でもありません。今やビジネスにおいても発想力や思考力といった「考える力」は、あらゆるシーンで求められています。しかし、いくら考える力のある人でも、一度考えられなくなり消極的になれば、うつ病などの精神疾患を患って社会復帰を困難にさせます。本人や周りの人間はもちろん、企業にとっても大きな痛手となるため、空気を読むことを優先して思考力を失わないように気を付ける必要があります。社会全体としても、メンタルヘルスなどの取り組みに力を入れていく必要があるでしょう。

専門家に相談してみよう!

宮本 章太郎さん
心理カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ