JIJICO

成澤 紀美さん

社会保険労務士

大幅に遅れるマイナンバー通知!企業に与える影響のほどは?

2015年11月27日

通知カードは全体の1割しか届かず

大幅に遅れるマイナンバー通知!企業に与える影響のほどは?来年1月からスタートするマイナンバー制度。10月5日より順次発送するとされている個人宛の「通知カード」ですが、いまだに手元に届いていない人も多いと思います。私の通知カードも先週、ようやく手元に届きました。日本郵便の公表(11月12日現在)でも、マイナンバーを記載した「通知カード」は全体の1割しか家庭に届いていないことを明らかにしています。

この通知カードの送付遅れは、実際にマイナンバーの取り扱いをしなければならない企業へ、どのような影響を与えるのでしょうか。

来年1月からすぐに必要というわけではないものの…

今回、多くの企業では今年の年末調整時にマイナンバー情報も一緒に収集する予定としていましが、11月に入っても通知カードが手元に届いていない社員が多かったことから、年末調整書類とは別個に、マイナンバー情報を収集する動きに変わってきています。具体的には、来年1月以降にあらためてマイナンバー情報のみ収集する案が検討されています。

ただ、実際にマイナンバーを利用する場面は限られており、雇用保険手続きでは当分の間未記入でも手続きは可能とされていますし、社会保険手続きは元々、平成29年1月よりマイナンバー利用開始を予定しているため、来年1月の段階ですぐに必要になるというわけではありません。

送付が遅れていてもいずれはスタートする

そうはいっても、平成28年の年末調整時までにはマイナンバー情報を取得する必要があります。この間に退職した社員のマイナンバー情報も収集しておかなければいけないため、いずれにしろ、来年1月以降にマイナンバー情報の取得を行うべきといえるでしょう。また、社員だけではなくパート・アルバイト・契約社員など、どんな雇用形態であってもマイナンバー取得が必要になるため、パート・アルバイトを多く採用している企業では、今からでもマイナンバー収集方法を検討してください。

マイナンバーは、雇用されている社員以外に個人事業主からも収集する必要があります。社員とは異なり外部の人でもあり、マイナンバー提出に非協力的な人が出てくる可能性もあるため、情報の取得理由をよく説明し、事前に協力を仰ぎ、スムーズな情報収集ができるように準備を進めておく必要がありそうです。大企業・中堅企業では、マイナンバー取得や利用・管理に対する安全管理措置も進んでいますが、中小企業では、まだまだ対応が進んでいません。そして、ここにきてマイナンバー通知カードの送付遅れにより、さらに中小企業のマイナンバー取り扱いに対する意識が薄らいできているように感じます。

マイナンバー通知カードの送付が遅れているとはいえ、いずれにしろマイナンバー制度はスタートします。いざスタートした時に管理体制等の取り扱いに不備がないよう、制度の理解や自社の取り扱い方法など、今から準備だけは進めておくべきといえるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

成澤 紀美さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年9月20日 小川芳夫さん
ファシリテーター
企業の生産性向上のためには従業員に焦点を当てるべき理由
従業員体験(Employee Experience)を向上させると生産性が向上するという研究があります。海外企業では、従業員に焦点を当て従業員体験を向上させるケースが増えています。ファシリテーターの観点から、実例を交えて具体的な対応を提案します。
2019年8月30日 小川芳夫さん
ファシリテーター
新入社員の離職防止に役立つファシリテーションとは何か?
新入社員の入社3年以内離職率は一貫して3割から4割程度で推移しています。企業にとっては喫緊の課題ですが、ファシリテーションをうまく活用することで、新入社員の離職防止に役立つかもしれません。
2019年7月10日 堀田周郎さん
ブランディングコンサルタント
今治タオル実習生の不当労働報道から思う。ブランドは誰のもの?
今治タオルを扱う縫製工場で働く技能実習生の劣悪な労働環境が報道され大きな波紋が広がっています。ブランドの所有者は企業、お客さまに加えて従業員、社会のものになりました。貴方にはその認識があるでしょうか?
2019年7月2日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える
品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

テーマ