JIJICO

中村 伸子さん

弁護士

親子関係不存在確認の訴え!夫側勝訴の判断材料

2015年12月2日

親子関係がないことの確認を求めた裁判が話題に

親子関係不存在確認の訴え!夫側勝訴の判断材料先月、俳優の男性が婚姻届を提出して200日目に生まれた子どもに対し、親子関係がないことの確認を求めた裁判がニュースとなっていました。この男性が自分の子どもではないことを主張する方法として、家庭裁判所に親子関係不存在確認の調停の申立や訴訟の提起を行ったためです。

裁判の結果、東京家裁は親子関係がないとの判決を言い渡しました。民法では、婚姻の成立後200日を経過して生まれた子どもは、夫の子と推定されます(772条)。(離婚後300日以内に生まれた子どもの場合も同様です)。しかし、今回のケースは200日目ということで「200日を経過していない」と判断され、DNA鑑定の結果もその決断を後押ししました。

201日目に子どもが生まれた場合は夫の子であるとの推定が及ぶ

なお、民法に明文の規定はありませんが、婚姻の成立後200日経過後、または離婚後300日以内に生まれた子どもであっても、夫が服役中や長期の海外出張中であるなど、客観的に妻が夫の子どもを妊娠する可能性がないことが明らかな場合には、夫の子という「推定が及ばない」ため、上記と同様に親子関係不存在確認の訴えをすることができるとされています。

先の事例で、201日目に子どもが生まれた場合には、夫の子であるとの推定が及びます。この場合に親子関係を否定するには、嫡出(ちゃくしゅつ)否認訴訟を提起することになります。この嫡出否認訴訟では、提訴権者は法律上の「夫」に限定され、提訴期間も夫が子の出生を知った時から「一年以内」に限定されています(775・777条)。

子の身分関係安定のために厳しい限定がなされている

この制度は、子の福祉のために父子関係を早期に確定し、子の身分関係を安定させるため、提訴期間や提訴権者について厳しい限定をしています。この点については昨年、最高裁でも争われてニュースになりましたが、たとえDNA鑑定をして科学的に父子関係が存在しないと証明されても、親子関係不存在確認訴訟をすることはできないとの解釈が確認されています。

専門家に相談してみよう!

中村 伸子さん
弁護士

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年9月21日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?
第一印象の重要性が注目されて久しいが、第一印象に大きく影響するのは見た目です。良い印象を与える見た目作りを2つのステップで考えましょう。
2017年9月21日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
衆議院解散の際は、そこに大義があるのか否かを含めてこれまでの政権の有り方が問われ、あるいは今後の我が国のあり方を占う重大な選挙となることは間違いありません。
2017年9月20日 小田原 漂情さん
塾教師、歌人・小説家
解決!アスクミー JIJICO
作文で得られる力とは?「つまずき」と家庭での対策について
作文は「自ら考え、整理し、表現する」力を養う、子どもには欠かせないものですが、途中できらいになってしまう子も。作文指導や家庭でのサポートを専門家が解説。
2017年9月19日 折本 徹さん
行政書士
解決!アスクミー JIJICO
日本は本当に外国人労働者に依存しているのか?
人手不足の解消に「外国人雇用」を考えている企業も増えてきているようです。一方、外国人労働者への依存の懸念も。果たして、現在依存状態にあるのでしょうか?

テーマ