JIJICO

西尾 浩良さん

心理カウンセラー

年末に多忙でミスを連発!仕事でもプラスに働く心の余裕を持つ秘訣

2015年12月6日

仕事に求められる量やスピードは以前より増加

年末に多忙でミスを連発!仕事でもプラスに働く心の余裕を持つ秘訣2015年も残すところ1カ月余り、毎年のことですが、この時期は年末に向けた通常業務に加えて年末進行の業務が増えたり臨時の業務が飛び込んできたりと、忙しい日々を送る人も多いのではないでしょうか。

一般的に人は忙しい日々を過ごすと、心に余裕が持てなくなります、心を亡くすと書いて忙しいとはよく言ったものです。また、現代社会は一昔前に比べて情報の量や伝達スピードが格段に飛躍しており、それに伴って仕事に求められる量やスピードも増加しているため、この時期、心に余裕が持てなくなることは仕方のないことかもしれません。

常に心に余裕がある人とない人の違い

とはいえ、心に余裕が持てなくなっている状態は、本人にとっても周囲にとっても良くない影響を与えることは明らかです、普段なら何気なく聞き流せる言葉に引っかかったり、必要以上にイライラして他人を責める気持ちが出てきたりすると、この先も同じ職場で過ごす仲間との関係に支障をきたす可能性も否定できません。

しかし、周りを見渡してみれば同じように仕事をこなしていても、常に余裕がなさそうで焦ったりイライラしたりしているのが傍目からもはっきり分る人と、たくさんの仕事をこなしていてもいつもと同じペースで働いているように見える人がいることに気付くはずです。

同じ多忙な環境であっても、すぐに心に余裕がなくなり、俗に言う「いっぱいいっぱい」になってしまう人と、どんな状態であっても余裕を持って過ごせる人がいるのです。では、常に心に余裕をもって過ごせる人とそうでない人には、どのような違いがあるのでしょうか。

心に余裕がない人の特徴とは

心に余裕を持てない人の特徴としては、「主観的である」「忙しいが口癖」「他者を責める傾向がある」「生真面目で神経質」などの特徴が挙げられます。これらを一言で言うと「自己肯定感」の低さと言えます。「自己肯定感」とは、自分の長所も短所も良い状態も悪い状態も全て含めて「自分はこれで良い」と思える感覚のことで、「自信」とも言い換えることができます。

自分に「自信」のある人は、視野が広く物事を客観的に捉えることができるため、タイトなスケジュールであっても優先順位を決めることが上手で、優先順位に沿って作業を進めれば必ず完成できると考えています。さらに、優先順位をつける段階でスケジュール的に無理と判断すれば、躊躇なく他の人にお願いする、客先に納期の変更をお願いするなどの手段を講じて仕事を完遂させます。これはどのような手段であっても、最終的に仕事を完遂できる自分を「これで良い」と感じているからです。

しかし、自分に「自信」がない人は、広い視野で自分の置かれている状況を俯瞰することが苦手です。気持ちばかりが先走り、締め切りに間に合わない、ミスが起こるなどの結果に終わることが多くなり、さらに自信を失っていきます。また、仕事を人に頼むことを「嫌がられないだろうか」「仕事ができない奴と思われないか」などと考え、全てを自分一人で抱え込んでしまう傾向にあります。

自分を肯定的に捉えることが重要

もちろん人間である以上、心に余裕があってもミスをしない訳ではありません。しかし、余裕があればその数は確実に少なくなるでしょうし、ミスに対してフォローをすることへの気持ちの切り替えもスムーズにできるようになるでしょう。

大切なことは、自分の置かれている状況を客観的に見ること(実はこれが一番難しいのですが…)、そして目的を明確にして自分にはできると前向きに捉えることが大切です。自分を肯定的に捉えることができる人は、他人も肯定的に見ることができます。そこに「自分はこれで良い」と感じる心が生まれ、心に余裕を持って日々を過ごすことができるのです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

西尾 浩良さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ