JIJICO

城戸 景子さん

イメージコンサルタント・マナー講師

クールビズの秋冬版!「ウォームビズ」に適したビジネスシーンでの装い

2015年12月8日

解決!アスクミー JIJICO

気温20度は9月下旬から10月上旬の東京の平均気温

環境省が推奨する地球温暖化対策のためのライフスタイル「ウォームビズ」が、11月1日から3月31日までの期間でスタートしました。5カ月間にわたり、室温20度で快適に過ごすさまざまな知恵と工夫を提唱する「ウォームビズ」スタイル。同様の夏向けライフスタイル「クールビズ」は5月1日から10月31日までの6カ月間行われ、ほぼ1年を通して地球温暖化防止に取り組むことになります。どちらも今年で10年目を迎えますが、それぞれのスタイルが定着してきたように思われます。

さて、「ウォームビズ」は室温20度で快適に過ごすことを掲げています。この20度という温度、気象庁のデータによると9月下旬から10月上旬の東京の平均気温とほぼ同じです。これを意識し、室内でも柔軟に対応できる服装を考えましょう。

相性が良い?「スーツ」と「ウォームビズ」

ビジネスシーンであれば、身だしなみの範囲を逸脱することのない服装であることが重要です。朗報は「ウォームビズ」とビジネススーツは相性が良いということです。なぜなら、スーツの着こなしルールの基本は、「きっちりと」着ることだからです。涼しく過ごすための「クールビズ」では、シャツの腕まくりやノーネクタイなど、本来のスーツのルールを度外視する必要がありました。

しかし、「ウォームビズ」ではシャツ、ネクタイ、上着、パンツ、どれも略すことなくきっちりとボタンを留めて着る。さらに、靴下は膝下までのロングホーズを履くだけでも暖かく快適に過ごす第一段階になります。

今年のトレンドは「クラシック回帰」

今年のファッションは、「クラシック回帰」がトレンド。ビジネススーツで第一にお勧めしたいのは、ベステッドスーツと呼ばれる、共布で作ったベスト付きのいわゆるスリーピーススーツです。防寒の目的で、スーツのインナーにニット素材のベストを着用している方を見かけますが、どうせなら流行を取り入れたベステッドスーツにしてはいかがでしょう。共布ベストのクラシック感が、仕事のできるイメージを演出するだけでなく、男性ならではの色気を醸し出します。

次にお勧めするのは、ダブルブレストスーツです。ビジネスシーンで見かけることは少なくなりましたが、チャールズ皇太子が公式の場で着用されるのが多いことからもわかるように、クラシックで正統派のスーツです。ビジネスシーンでは6つボタンで細身のものを選ぶのがポイント。打ち合わせの重なり部分が大きいため、暖かさが保障されるスーツです。また、6つボタンであればVゾーンが狭くなるので、その分体温が逃げにくいというメリットもあります。どちらのアイテムも、トレンド性と共に機能性も併せ持つので、この秋冬のウォームビズスタイルにぴったりです。

「クラシック回帰」は、女性のスタイルも同様です。スカート丈は全体に長めになっており、それだけでも暖かさが増します。通常、ビジネスシーンではタイツはNGですが、「ウォームビズ」対策として、パンプスの色に合わせて50デニールぐらいまでのタイツを着用するのもいいでしょう。また、ストールやひざかけなどのニット小物を上手に使う、使い捨てカイロを背中に張るなど、暖かさをキープする小さな工夫ができるのが「ウォームビズ」の良いところといえます。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年4月27日 栢原 義則さん
進学塾塾長
PTAは本当に必要?PTAの存在意義について考える
なぜか忌み嫌われるPTA。いろいろな問題を抱え、様々な議論が飛び交うPTAですが、時代に合った変革を念頭に、学校サイドと協力しながら、学校に必要な組織として存在すべき価値があるのではないでしょうか。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。

テーマ