JIJICO

鈴木 あづみさん

個別療育・児童発達支援管理責任者

「さかなクン」を育てた好奇心に応じて伸ばす育児法

2015年12月29日

我が子の自由を保障する育児方法

「さかなクン」を育てた好奇心に応じて伸ばす育児法先日、全国ネットのテレビ放送にて、魚類学者でタレントとしても活躍するさかなクンの母親の育児方法が、世間に大きな反響を与えました。それは、学校の成績を上げることよりも、我が子の好きなことへの自由を保障することを尊重した育児方法です。昔はどの家庭でも学校での学習が全てだと思い込み、家庭でも学習机に向ったら教科書や参考書などを開いて勉強していましたし、それが日本に根付いている学習スタイルでした。

ところが、さかなクンの母親は教科書よりも幼少期のさかなクン自身から湧き出る好奇心に応えていくという育児を実践していたそうです。その成果が実ったことは現在の活躍ぶりからもうかがい知ることができ、幼いさかなクンが抱いていた東京海洋大学の准教授という夢にも、31歳という若さで就任しています。

古来より日本に伝わる諺が育児のヒントになる

まだ幼稚園へ就園する前の子どもについて考えてみましょう。絵を描くことが好きな子どもは、早くからクレヨンと紙があればずっと遊んでいます。体を動かすことが好きな子どもは、公園へ行けばずっと機嫌よく遊んでいます。音楽が好きな子どもは音楽が聞こえるだけでぴたりと泣き止み、笑顔を浮かべたり体を動かしたりします。

このように人は生まれながらにして好みのものがさまざまで、それをやり続ければ続けるほど上達していくのです。絵が好きな子どもは毎日のように絵を描いているかもしれませんが、そうでない子どもは同じ年齢であってもクレヨンを手にしたことがないかもしれません。そうなると毎日描いている子どもの方が、絵が上手なのは当然のことです。

「好きこそものの上手なれ」と私たちの祖先は表現していますが、まさにさかなクンに言えることでしょう。そして自分の知識や実力がどんどんレベルアップすることで、自分に対して自分で信頼置く、つまり自信を持って生きることができるようになるのです。

誰が学び手なのかを考えた育児がさかなクンの母の育児

そうはいっても、親としてはどうしても学校の成績が気になってしまいます。それは、我が子の成長に真剣に向き合い続けているからこその悩みだと思います。さかなクンの場合、学校の勉強に直接関係のない学びを熱心にしていて、いつでも自学していました。そして、自学できるような環境を母親が整えていました。さかなクンは学びの環境があったから学んだのではなく、学びたいから学んだのです

実は、大好きなことを学んでいると学習は苦痛ではなくなります。大好きなことのために必要な学びであれば誰でも自発的に学んでいくものなのです。さかなクンの場合、魚図鑑を見ていた時に読めない熟語に当たってしまったら、それを機に熟語を覚えたかもしれません。そのような積み重ねが、学力につながっていった可能性もあります。

子どもの学びを支えるためには、まずは子どもが安心して学ぶことができる環境を整えてみましょう。そうすることで学習に対しての抵抗がなくなっていきます。それどころか、楽しくて自発的かつ積極的に勉強する姿勢も身に付く可能性があります。安心できる学習環境を整えるには、まずは子どもの好奇心を認めて肯定的に捉える親の姿勢が大切だということを、さかなクンの母親は私たちに教えてくれたのかもしれません。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

鈴木 あづみさん
個別療育・児童発達支援管理責任者

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「学び・興味」のその他の記事

2018年12月7日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
有名企業を装い偽サイトへ誘導、横行するフィッシング詐欺に注意!
偽サイトにユーザーを誘導し、情報を抜き取るフィッシング詐欺が未だに横行しています。最近では手口も巧妙になっていますので、一層の注意が必要です。
2018年11月15日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
日本企業は中国ビジネスを成功させることはできるのか?
世界最大規模の市場を誇る中国。日本から多くの企業が進出していますが、成功例ばかりではありません。日本企業が中国でビジネスを成功させるためのポイントを、現地で販売ビジネスを経験したアドバイザーが解説。
2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。
2018年9月28日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
解決!アスクミー JIJICO
子どものスマホ・ネット依存・SNS被害…安全な利用のために親は何ができる?
スマホの普及に伴い、既に依存傾向の子どもが93万人もいるというデータもあります。依存を防ぎ、安心・安全に利用するために、親はどうすればよいでしょうか。

テーマ