JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

介護疲れから人生を悲劇にしないために

2016年1月14日

介護による悲劇

介護疲れから人生を悲劇にしないために日本の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が約25%となり、日本人の4人に1人が高齢者になるほど、少子高齢化が進んでいます。「介護」というワードは、これからの日本に無視できないワードとなっていくとともに、介護者がうつ病などの精神疾患になったり、時には殺人事件につながるような悲劇をニュースで見かけるようになりました。

2006年に京都市伏見区で起きた認知症の母殺害事件は、世間に大きな波紋を広げました。当該事件で承諾殺人罪に問われ、有罪判決を受けた長男が2014年8月、大津市の琵琶湖で命を落としました。親族の証言から、自殺とみられているようです。事件前、彼は介護のために会社を辞め、役所に生活保護の相談をしたものの、「まだ働ける」と断られたとのことです。判決が出た際には、法廷で「母の分まで生きたい」と約束していました。

各地でも同様の事件が起きている

彼が亡くなる際に所持していたカバンには、自分と母親のへその緒、そして「一緒に焼いて欲しい」というメモ書きが入っていました。所持金は数百円で預金はなし。「彼は最後まで孤独から抜け出せなかった」。親族の男性は、新聞社の取材に無念さをにじませ語ったそうです。

このような悲劇的な事件は各地で起きています。報道されていない事件を想定すれば、さらに多くのことが起きているのではないでしょうか。この介護による事件について、心理カウンセラーとして考えてみます。

人間の強みとは

人間は、チーターのように早く走れるわけではありません。ライオンのように鋭い牙と強い顎があるわけでもありません。ゴリラのように力が強いわけではありません。なぜ、これほど人間は地球上で発展したのでしょうか。その一つとして他の動物との顕著な違いが、「集団性」です。人間に近い動物と比較してみると、「猿…15頭」「ゴリラ…35頭」「チンパンジー…65頭」など、動物によって差はあれど、この程度の群れを形成することができます。しかし、人間はなんと150人もの集団をつくることができたのです。

社会から小さなコミュニティーまで、多くの人間と関わるということは、この介護という問題にも重要なことではないでしょうか。公的な介護の社会保障制度を知るというのも、個人がその存在自体を知らなければ、行動に移すことさえ難しいでしょう。

人は、大丈夫であれば大丈夫だと安心し、大丈夫でない時には、早急に変化が起きてほしいと考えがちです。どんな状態にあっても、なってしまう前の対策が善処です。法は法でしかありません。制度は制度しかありません。その背景に人間の心があってこそ、意味を持ちます。仏教の考えで「諸行無常」という教えがあります。この世に存在する全てのものは変化するという意味です。法律や制度もまた、社会に沿って変化してゆくことが必要なのでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年7月31日 中原 崇さん
社会福祉士
共働きが当たり前の時代に心がけたい夫婦円満の秘訣について
共働きの広がりとともに、身の回りは便利なものが格段に増えました。便利な物も活用しながら夫婦間でコミュニケーションをとり、完璧な家庭生活から解放されることが、時には共働き夫婦に必要です。
2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月19日 笠原拓さん
システム開発者
パソコンが苦手な人の抵抗感を克服するにはどうすれば良いか?
パソコンが苦手で使うことに抵抗感を感じる方は多いですが、実は日常の中で何気なく使っているものでもITツールは多いのです。パソコンへの苦手意識をなくし使いこなすにはどうすればいいか、システムエンジニア出身が教えます。
2019年7月13日 田村 兼人さん
獣医師
ペットに健康で長生きしてもらうために心掛けること
栄養環境、生活環境、医療環境などの向上によりペットの平均寿命は延び続けています。高齢化するペットがより健康に長生きするために、私たちはどのようなことに心がければ良いか。獣医師が解説します。

テーマ