JIJICO

藤本 尚道さん

弁護士

人気タレントの不倫騒動、悪いのは誰?

2016年2月15日

夫のDVをねつ造する浮気妻の実態、問われる罪は?今回の不倫騒動で誰に対してどれぐらいの損害賠償が発生するのか?

CMカット、番組降板、休業宣言等々、ベッキーさんの「タレント生命」は「風前の灯」の状況にあるようです。この「不倫騒動」を突き詰めると、しょせんはプライベートな問題であり、私たちにとっては「他人事」に過ぎません。ただ、例の「LINEデータ」の出所や信憑性はともかく、生々しいやりとりの記録が流出したことで、好感度の高かったベッキーさんが「したたか」で「あざとい」キャラとしてクローズアップされてしまいました。「私たちもベッキーに騙されていた!」という視聴者の怒りが噴出し、お茶の間までもが「被害者」と化したことから、この「騒動」がここまで大きくなったものと思われます。

さて、仮に「ゲス乙女」川谷さんの奥さんが「不倫」の代償として損害賠償を求めた場合、ベッキーさんはどのくらい慰謝料を支払うことになるでしょうか。一般的な裁判例としては200万円程度が標準的な慰謝料額で、個々具体的な事情によって上下するとお考えください。夫が有名アーティストだとか、不倫相手が人気タレントだとかの事情は、それだけでは「加算要素」にならないでしょう。ベッキーさんが交際を否定する「嘘」の会見を行ったり、マスコミ報道が過熱したり、といった事情が「加算要素」になるとの意見もあるようですが、私は否定的な立場です。ベッキーさんは具体的な事実関係に触れておらず、奥さんの誹謗中傷に類する発言もありません。マスコミ報道については奥さん自身が「週刊文春」の取材に応じていますし、「LINEデータ」流出に奥さんが関与した可能性もゼロではないと思います。

慰謝料が減額されるケースとは

では、ベッキーさんに「減額要素」はないでしょうか。たとえば、男性が妻帯者であることを隠して女性を騙す形で交際が開始された場合、女性の年齢が若いために世間知らずで恋愛経験も少ないなど、男性と女性の関係が必ずしも「50:50」(フィフティ・フィフティ)とは言えないときには、女性側に「減額要素」が生じます。この点、ベッキーさんも当初は川谷さんの奥さんの存在を知らなかったようです。しかし、これを知ってからも川谷さんとの交際をやめなかったこと、ベッキーさん自身の年齢が30歳を超えており、社会人としての稼働期間が長い上に、川谷さんより年長であること等の事情に照らすならば「減額要素」は認め難いと思われます。

ところで、不倫(不貞行為)は法律上の離婚事由ですし、慰謝料の発生原因にもなります。しかし、川谷さん夫婦の結婚生活は半年程度に過ぎませんので、裁判の判決で命じられる慰謝料額はせいぜい300万円が限度だと思います。同じ理由で、短い結婚生活中に築かれた夫婦財産に関する「財産分与」も、さほど多額にはならないでしょう。もし、夫婦間に未成年の子どもがあれば養育費の支払義務も浮上しますが、今回はそういった問題もなさそうです。

女性の不倫に厳しい日本の社会

このように考えてくると、男女関係は「50:50」であるべきなのに、本件では妻帯者である男性側が問われる責任の方がむしろ「限定的」であるように感じられます。今回、ベッキーさんは仕事をすべて失うような苦境に陥っているのに、川谷さんは逆に「ゲズ乙女」の新曲の売れ行きが好調になるなど、けっして「両成敗」の状況にはなっていません。これは、日本の社会そのものが一般的に男性の不倫に寛容である反面、女性の不倫には厳しい傾向があるからでしょう。最近、タレントの矢口真里さんが、バラエティー番組で「多くの女性が浮気をしている」旨の発言をしてバッシングを受けていますが、これも女性の不倫に厳しい「土壌」と無関係ではありません。

妻帯者の男性が「家庭に居場所がない」「妻とは不仲」「早く離婚したい」などと口にして、女性の同情を買おうとすることがあります。これは「不倫男性」の「常套手段」であり、しかも結構「初級編」なのです。女性の皆様方、どうかくれぐれもご用心くださいませ。

専門家に相談してみよう!

藤本 尚道さん
弁護士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ