JIJICO

大竹 光明さん

社会保険労務士

「見せかけ高給」求人にご用心

2016年2月17日

「見せかけ高給」求人にご用心

若者に蔓延する「年金不安」の真相先日、いわゆるブラック企業問題に取り組む団体「ブラック企業対策プロジェクト」が、厚生労働省に対し「見せかけ高給」求人に対する対策をとるよう申し入れを行いました。
「見せかけ高給」求人とは、求人の際の給料額を、残業代などを上乗せした金額で提示することで、実際より好条件に見せかける求人のことです。
企業が求人する場合には、基本給と残業代とを分けて提示するよう厚生労働省は求めていますが、最近ではこのような「見せかけ高給」求人が増加しているとのことです。

若者がターゲットに

人材を“単なる使い捨て”と考えているようなブラック企業は、とにかく人を集める必要があるために求人条件をよく見せようと画策します。その戦略の一つが「見せかけ高給」だと考えられます。
先述のブラック企業対策プロジェクトによれば、こうした求人に若者が騙されて就職してしまうケースが多いそうです。働く経験が浅い若者がターゲットになっているのかもしれません。
では、こうした嘘の求人情報に引っかからないためにはどうすれば良いのでしょうか。
まず、他の同規模の企業・同様の職務内容の求人と比較して、明らかに条件が突出して良過ぎないかどうかを考えましょう。また、その企業からの同様の求人が何度も出されていないか(求人頻度が高すぎないか)などもチェックした方が無難です。
実際、就職してみなければ企業の実態はなかなか分からないものですが、就職活動の段階で出来る限りアンテナを張り巡らせて自衛することが大切です。

求人難も一因か?

真のブラック企業はさておき、「見せかけ高給」求人が増加している原因は他にもあるように思います。
原因の一つとして考えられることは、中小企業の求人難があるように思われます。労働力人口の不足が顕著になってきている昨今、中小企業が人材を確保するのは以前より厳しくなってきています。若者の安定志向もその一因で、大手企業や公務員を志望する学生が増えていて、賃金やその他の労働条件で劣勢にある中小企業が人を集めるのは大変な情勢です。近頃では、居酒屋のパート・アルバイトが集まらず閉店に追い込まれるといった事例もあるほどです。
そういった中では、給料だけに関わらず、企業が労働条件を少しでもよく見せたいといった思惑が働いてしまう可能性は高くなるでしょう。
「見せかけ高給」求人は、紛れもなくルール違反であり、理由はどうあれ許されるものではありません。しかし、これから増々顕著になるだろう人手不足に対して、官民双方が有効な対策を取れるかどうかが、このような問題を解決する鍵になるのではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

大竹 光明さん
社会保険労務士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2017年9月22日 片島 由賀さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
「自転車保険」義務化への動き 事故への備えはしていますか?
自転車事故の増加により各自治体で自転車保険の加入を義務付ける動きが出ています。どういった保険に入る必要があるか、今後の予想される流れなどを弁護士が解説します。
2017年9月22日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
マンション管理をどう見抜く?購入前の確認と管理会社の選び方
資産価値にも大きな影響を与えるマンション管理。購入前のチェックポイントと、購入後の管理会社の選び方、所有者としてのあるべき姿勢とは?
2017年9月21日 城戸 景子さん
イメージコンサルタント・マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
第一印象の重要性。第一印象はたった7秒で決まる?
第一印象の重要性が注目されて久しいが、第一印象に大きく影響するのは見た目です。良い印象を与える見た目作りを2つのステップで考えましょう。
2017年9月21日 田沢 剛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
衆議院解散の際は、そこに大義があるのか否かを含めてこれまでの政権の有り方が問われ、あるいは今後の我が国のあり方を占う重大な選挙となることは間違いありません。

テーマ