JIJICO

もも花さん

プロフラダンサー

若返りすぎ!フラダンスをすると年齢不詳になれるワケ

2016年2月29日

誰でも何歳からでも始められるフラダンス

A37A5053-09AB-48B8-9872-88F58FC8ADBE女性はいつまでも美しくありたいと願うもの。
『年齢を重ねても美しさや若々しさを保ちたい!』と本気で願うあなたに、是非お勧めしたいのはフラダンス。
フラダンスは癒し効果があると言われますが、『癒しってよく聞くけど、それって何?漠然としていてよくわからない。』と思う方も少なくないはず。そんなあなたに、フラダンスをしていて得する具体的かつ現実的なメリットを教えましょう。
フラダンスの最大の魅力は、年齢問わず、いつでも、何処でも、どなたでも、ダンス歴ゼロ、運動音痴な方でも、どのような体型の方でも、無理なく自分のペースで楽しめるダンスです。毎日の健康維持を目的とされる方から、踊りを極めたい方までご自身の目的に合わせて教室を選択する事が可能で選択肢の幅が広いのが特徴です。
現代社会は高齢化が進んでおりますが、70歳女子、80歳女子の方でも『フラダンスを踊ってみたい』と思ったら即日踊れるようになれます。

嬉しいアンチエイジング効果

そして何より嬉しい事は、アンチエイジング効果が絶大な事。私が指導してきた生徒の方の中で最高齢の方は82歳。しかし、見た目はどう見ても60歳代にしか見えなく本当に素敵で可愛らしい方でした。フラダンスをされている方は皆さん若々しく“永遠の女子”と呼べる女性が沢山いらっしゃいます。何故、フラダンスをされる方は年齢不詳になる程、若さが保てるのでしょうか?
その秘訣、鍵は、フラダンスがもたらす健康効果や美容効果の中に隠されています。
フラダンスのレッスン着は通常パウスカート(フラダンス専用のスカート)を着用します。パウスカートの特徴は、大胆な柄やはっきりした色使いのものが多く、沢山ギャザーが寄ったフレアスカートのようなもの。年齢を重ねると普段着は実用性重視でパンツルックを選びがちですが、フラレッスンでパウスカートを履く事で女性らしさを意識する事ができます。しかも非日常的なスカート(パウスカート)を履くと、自分が思っている以上に意外と心がときめくものです。トキメキは心を踊らせ自然と楽しい気持ちや幸せを感じられる素晴らしい感情です。
そしてフラダンスは笑顔を必要とし大切にするダンスです。何故笑顔が必要かと言うと、フラダンスで踊る曲の殆どが愛の歌だからです。
愛の歌を踊る時は優しく穏やかな笑顔に自然となりますよね。笑顔の効能は皆さんご存知の通り、免疫力向上など医学的にも認められています。また、笑顔がもたらす美容効果と言えば、ほうれい線、マリオネットライン等『老け顔を作る印象年齢』の軽減に大きく貢献します。笑顔=口角が上がると自然と頬の位置も高くなります。頬の位置が上がると若々しい印象になるのは周知のとおり。
女性は30歳を超えたら実年齢は関係ありません。印象年齢が大切だと私は思っております。女性は年齢を重ねる毎に若々しく美しく綺麗であって欲しい。フラダンスを踊ってキラキラ輝く年齢不詳の女性が増える事を大いに期待します。

アルツハイマーの予防にも効果が?

余談として。
アルツハイマーになる前に「予備軍」が存在すると言われています。しかし、予備軍の内に何らかの改善をすると進行を防げるとか。
それに有効なのが、①反復運動をする ②コミュニケーション ③笑顔
これらを行った事で完治された方もいるそうです。
そして、なんと嬉しい事にこの3つ、まさしくフラダンスがもたらす効果・効能に当てはまるのです。
①反復運動…行って戻ってくる作業で順番やリズムを覚えるのが目的です。運動を通して日常生活のリズムを安定させるのに有効です。
フラダンスの踊りは必ず自分のいた位置に戻ってくるのが原則です。
②コミュニケーション…家族以外の人間と関わりを持つ事。高齢になると感受性が乏しくなりますが、家族以外の人間と接する事で適度な刺激を受け感受性が豊かになります。フラダンスはグループレッスンが多いので仲間とのコミュニケーションが自然とはかれますね。
③笑顔…笑顔は血流を良くし脳を活性化させる効果があります。医学的にも証明されていますね。
年齢を重ねるたびに美しく元気であり続ける為に、フラダンスは最適なダンスと言えるのではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

もも花さん
プロフラダンサー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。

テーマ