JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

どの世代が一番お得?若者に厳しい日本

2016年3月2日

若い世代に不利な年金制度

主婦らの国民年金未納を「救済」不整合期間発生の原因老後破たん、下流老人、逃げ切り世代など、老後の生活不安をあおるような言葉が氾濫しています。特に若い世代においては、耳に入ってくる情報がすべて悪いニュースばかりで将来に期待を持てないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ただ、不安にばかり思っていても、前に進むことはできませんので、まずは全体像の把握からしていきましょう。
日本の年金制度は「賦課方式」です。若い世代の保険料がそのまま高齢者の生活保障として給付に充てられていることはご存じのとおりです。同じ時代に制度の支え手と給付の受け手がともに存在するということは、永続的な制度を維持するためにはとても優れた制度です。支え手がいる限り、受け手の給付の財源が確保されるからです。
しかし、周知のとおり日本は少子高齢化です。支え手の人口が減り、受け手の人口が増える状態では、保険料の増加と給付の減少という対策を取らざるを得ません。保険料の増加は毎月の給与明細でご存じのとおりかと思いますが、給付の減少とはどういうことでしょうか?

年金受給世代の間でも格差は進行

実は2013年4月1日に60歳になった会社員OBは、60歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受給できました。この特別支給の老齢厚生年金額の平均は月10万円と言われています。しかし翌4月2日にお誕生日を迎え60歳になった方は受給開始年齢が1年遅れの61歳です。
年間120万円を受給する権利が1年お預けということは120万円の損ということになります。この受給開始年齢は2年毎に1歳ずつ引き上げられており、昭和36年4月2日生まれ以降の男性は65歳まで年金はゼロです。女性は5年遅れ、昭和41年4月2日生まれ以降となります。120万円の5年分ということは600万円の損ということですね。
このように考えると、確かに今の現役世代は年金受給世代に比べ、老後の生活は苦しいと言えます。また少子高齢化がすぐに解決できない大きな問題であることを踏まえると、やはり考えるべきことは「自助努力」となるでしょう。

これからは自助努力が必要

まず取り組むべきことは、ご自身への投資です。公的年金の受給開始年齢がさらに引き上げられることも検討されていますので、ご自身のキャリアプランを持ち、収入アップと長く働けるスキルを磨く必要があります。
もう一つは金融市場への投資。確定拠出年金やNISAなど税制優遇を受けながら資産形成ができる仕組みを利用するなど、将来のための仕送りを開始することです。低金利の定期預金だけを利用するのではなく、経済の成長力を借りながらご自身の資産が拡大する仕組みを利用することです。

世代を超えての意識改革も重要

そして最後は、「支え手」としての意識改革です。今、公的年金制度は、たくさんの問題を抱えています。日本の経済の動向にも大きく左右される部分もあり、次の世代にこの制度をそのまま残してあげられる保障はどこにもありません。そのため支え手である私たちも、制度の理解を深め今後の動向をしっかり見届ける必要があります。
世代間の損得を嘆いていてばかりいては前に進めません。世代間格差はむしろ戦争を乗り越え、私たちに平和な毎日を作ってくれたありがたい世代への恩返しと考え、次の世代へ何を残すかを考えるべきではないかと思います。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ