JIJICO

栗林 勇さん

建築家

愛犬にとっても快適な家づくりで注意するポイントは

2016年3月6日

犬種や愛犬の性格をよく考えて家づくりを

生前からの対策必須!孤独死の裏で遺されるペットの行く末犬を飼っている愛犬家の方は、皆さん口をそろえ愛犬は「家族の一員」と答えられるのではないでしょうか。
日々愛情を注ぎ暮らされている事と思います。愛犬と暮らされている中で、愛犬の体の特徴と本能や習性からくるコミュニケーション能力を考慮したうえで、人と犬が快適に暮らせる住まいを求めたら良いと考えます。
寒さに弱かったり、よく吠えたり、またしつけの部分でも粗相をしてしまう子、拾い食いをしてしまう子…
犬種や愛犬の性格によっても住まいの改修内容をかえると良いですね。

愛犬の落ち着く場所の確保が重要

一般的には、くぐり戸の設置、床の滑りを軽減するコーティングなどがありますが、愛犬の落ち着く場所を確保してあげることも愛犬がストレスを感じず、快適な暮らしをおくるうえで重要でもあります。
「隅の効果」と言い、犬のもつ習性から空間の中に好んでとどまる位置というものがあり、あまり広すぎずケージ位の広さの中が落ち着くこともあるそうです。

消臭については安全性も考慮に

また暮らしの中で愛犬家の多くの方が気にされている家の中のにおいですが、お勧めとしては、消臭効果も高く、調湿効果、マイナスイオン効果、防カビ防菌効果、化学物質吸着効果などの良い点を兼ね備えた、室内環境改善用木炭塗料というものがあります。
液状活性触媒炭 液状なので、室内の壁や天井に塗ることが出来るものです。住まいそして家族の健康をサポートします。

においを消臭するという事では、手軽に買う事が出来る消臭スプレー等がありますが、犬にとって有害な物質が入っているものもあります。愛犬が、舐めても安全な商品を選んであげる事を希望いたします。
愛犬と共に快適な住まいで楽しい日々をおくりましょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

栗林 勇さん
建築家

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ