JIJICO

オミ ひろ美さん

パーソナルコーディネーター

プラチナエイジの魅力的なファッション術

2016年3月6日

増え続ける、ファッションに興味をもつ高齢者

女性に求められる品格日本は今世界から注目される超高齢化社会で4年後、2020年には50代以上が6000万人と信じ難い社会が到来します。そうなると今よりももっと新しい大人のファッションが誕生し新しい大人の文化を創り上げるでしょう。
高齢化社会のリーダーとなっているのが現在50代後半から70代前半にかけてのプラチナエイジです。この世代は退職や子育ての終了、親の介護の終了など、年齢によって誤差はあるもののライフステージの大きな変化を経験します。そして、これをきっかに自分の人生にあらためて向き合う人が多いようです。
自分の人生は幸せだったなと思える生き方をしたい、と彼らのセカンドライフは充実した日々を大切にしようとしています。自分のために何かを始めようと外向きな行動も始まります。

女性は特にいつまでも「若いわ」「オシャレね」と同世代の中で認めてもらいたいものですから、おしゃれに対する関心が強まります。「若々しい」を維持するポイントは「装」「健」「心」であり、このバランスが取れた人が身のこなしも優れているのではないでしょうか。
その中で、外的ファッションにつながる「装」について紹介していきます。

若々しいファッションよりもセンスを磨く努力

今日の60代女性はご自身の母が60歳だったころの服装よりも娘に近い服装を好んで着ます。私たちは年々歳をとりますがファッションにおいては年々若返っています。
そこに落とし穴があるのです。若いと若々しいとの違いです。
顔も似た娘と同じ格好であっても肌のくすみ、皮膚の衰えは否めません。55歳を過ぎたらきれいという言葉は似合いません。若さは戻りませんから。だからこそセンスを磨いてご自身が輝き、いつまでも現役でいる努力をすることなのです。そんな事を意識して日ごろの装いも楽しめたら、心豊かに毎日をいきいきと過ごせるでしょう。

プラチナエイジに必要な法則

センスを磨くにあたって、自分がどのような女性でありたいのかを考えましょう。
大きくわけて二つ、かっこいい女性になりたいのかキュートな女性になりたいのか。自分らしく心穏やかでいられるのはどちらなのか気持ちと向き合ってください。
かっこいい女性であればキーワードは「洗練」。派手ではなくクールにシンプルに。そのようなおしゃれをするにはウォーキングや体操で贅肉のない美ボディを維持すること、そして艶のある趣味の良い髪型が重要なポイントになります。

一方、キュートな女性は「気品」を持つことです。日本人はかわいい願望が強いのですが、カワイぶるのは絶対に避けなければいけません。さりげない仕草やしなやかさ、自然でいる笑顔を絶やさないことです。ヨガやダンスでリラックス、体に良い食物でしなやかな美しい肌をキープしてください。

プラチナエイジのファッション術

人には誰でもコンプレックスがあります。この世代になると筋肉が衰え足は細く上半身に贅肉がつくのが一般的ですが、一番気になるのは首とも聞きます。しわ隠しにストールやスカーフで背を高く見せたりアクセントカラーとして顔映りをよく見せる。冬の保温、夏の日よけと汎用性が高いので長方形や正方形を揃えておくと旅先でも役立つ便利アイテムです。

洋服選びについてですが、若い時の感覚で服を選びがちなため、変化してきた体型にあうサイズ選びができていないように思えます。二の腕のゆとりを優先するあまり、1サイズ大きい服を選ぶケースはよくあるのですが、そうすると全体にだらしない印象になります。服とはボディを包むものですのでご自身の体型でチャームポイントは見せ、コンプレックスはカバーするシルエットを選ぶことです。インパクトアクセサリーを使うのも効果的です。

次に靴選びですが、機能重視でシニア売り場の靴を選びがちで、それはそれで足が痛くなく歩きやすいので必須条件ですが、最近はスポーツメーカーから機能的でおしゃれな靴が出ています。

トータルのコーディネートについては、色使いを特に気をつけましょう。おしゃれで上品に見せる色使いに3色の法則があります。色は無彩色(白、黒、グレー)と有彩色(それ以外の色)に分かれます。有彩色のみでコーディネートするのは野暮ったい印象になりがち。3色のうち1色は無彩色を取り入れる事。色使いは服+小物、靴、バッグ全体で考えベースカラー6割サブカラー3割アクセントカラー1割の比率で使うとセンスの良い上品な装いになります。歳を重ねるごとに軽やかさと清潔感も忘れないでください。

専門家に相談してみよう!

オミ ひろ美さん
パーソナルコーディネーター

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「美容・健康」のその他の記事

2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。
2017年8月13日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
ビットコインの分裂と仮想通貨の今後
ビットコイン分裂は分権的な仮想通貨の課題を提示しました。テクノロジーが注目される仮想通貨も内部崩壊の危機があります。
2017年8月12日 屋形 武史さん
住宅コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパート増加の背景と問題点について
相続税対策などの理由から賃貸アパート建築が増加中。人口減が続いている日本において、需要予測や立地条件を見極めないと、後々空室率悪化に悩むことに。
2017年8月11日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
シルバー民主主義は日本をどのように変えていくのか?
シルバー民主主義を単なる高齢世代による衆愚政治といったレベルで捉えるのではなく、民主主義と資本主義が抱える本質的課題であると理解する必要があります。
2017年8月10日 花岡 正敬さん
理学療法士・柔道整復師
解決!アスクミー JIJICO
背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!「良い座り方」とは?
骨盤を後ろに倒し背中を丸めたいわゆる「悪い座り方」を長く続けると、肩こりや腰痛などの痛み、頭痛や睡眠障害や集中力の低下などにもつながります。

テーマ