JIJICO

西尾 浩良さん

心理カウンセラー

実は多い「産後うつ」 その実態と発症を防ぐためにすべきこと

2016年3月8日

「産後うつ」の実態

cffb557482836b5c2727aff439276846_m大阪府は平成28年2月18日に「産後うつ」について専門の相談窓口を設けました。この窓口では常駐する保健師や心理士が電話対応にあたり、精神科医や産婦人科医も体制に加わるという全国でも珍しい窓口だということです。

女性にとって出産は大きな幸せであると共に、とても重大なライフイベントの一つです。それだけに妊娠・出産を行う女性には、精神的・肉体的な負担も大きく、この出産をきっかけに「うつ病」を発症する女性が少なからず見られます、これは「産褥期うつ病」(産後うつ病)と呼ばれ、その罹患者は出産女性全体の約1割にも上ることが報告されています。
「産後うつ」は出産後2週間から数ヶ月の間に発症しやすいと言われており、いわゆる「育児ノイローゼ」の状態もこの「産後うつ」の発症に関わっていると考えられています。
そして「産後うつ」は母親本人も辛く苦しい状態を過ごしますが、しばしば耳にする「育児放棄」や「乳幼児虐待」の背景にもこの「産後うつ」が潜んでいることが多いのです。

「産後うつ」に多く見られる症状

「産後うつ」に多く見られる症状としては、不眠・途中覚醒などの「睡眠障害」や疲労感・倦怠感・無気力感などの「抑うつ症状」、育児不安や漠然とした不安などの「不安症状」、「食欲不振」「過食」なども見られ、更には訳もなくイライラしたり、全てにおいて悲観的になり自分や周りに対して価値を見出せなくなったりもします。

そして最も不幸なことは最愛の我が子に対して、また夫や家族に対しても無関心あるいは敵愾心を持つようになり、愛情を感じることが困難になって子供が泣いていても無視する、反対に必要以上の怒りを感じるなどが起こり、このことが先述した「育児放棄」や「虐待」につながると考えられます。

「産後うつ」になる原因は一つではない

「産後うつ」になる原因として考えられることは、まず「ホルモンバランスの乱れ」があげられます、産後は女性の一生の中で最も短期間に最大の内分泌学的変化が起こる時期です。まず血液から母乳が作られるようになり、約10カ月かけて徐々に大きくなった子宮がわずか3~4週間で一気に収縮します、そして次の妊娠に備えての準備が始まるのです。この大きな「ホルモンバランスの乱れ」が自律神経に作用し「産後うつ」発症の一要因となるのです。

そして出産後の母親の生活は体力面でも大きな負担が掛かります。オムツの交換や1~3時間おきにミルクを与えるため継続した睡眠が取れなくなり、出産のお祝いで訪れる方や義理の家族の来訪への対応に追われ、外出も自由に出来ないので気分転換をする機会もあまり取れず、この様な精神的・肉体的負担がストレスとなって「産後うつ」発症のもう一つの要因となっているのです。

「産後うつ」の発症を防ぐには周囲の理解と協力が不可欠

この「産後うつ」の発症を防ぐためには、何より家族を含めた周囲の理解と協力が不可欠です。しかし現在の日本は核家族化が進み、出産・育児の経験者である親や親戚のサポートやアドバイスを受けることが自由に出来ないことも多く、夫は平日仕事なので必然的に母親が全てを抱え込んでしまいがちです。
また「産後うつ」を発症する母親は、性格的に生真面目で責任感が強く完璧主義な傾向の方が多いという報告もあります。しかし育児に完璧など存在しません、毎日が予想外の連続で上手く対応出来ないことがあってもそれは普通のことなのです、自分が対応出来ないことは周りの誰かを頼っても問題ないのです。

母親や何より子供の健やかで幸福な生活のために、まずは家族がサポートを心掛け、前述の様な症状に気付いた時は、速やかに行政の窓口や診療内科・カウンセリング等の専門機関に相談し、症状を長引かせないことを第一に考えて欲しいものです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

西尾 浩良さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ