JIJICO

自念 真千子さん

産業カウンセラー

限界を超えて働く、女性に多い「120%病」とは?

2016年3月11日

男女雇用機会均等法から30年。女性は働きやすくなったか?

父娘で争う大塚家具、骨肉の争いを避ける事業承継男女雇用機会均等法ができて、今年2016年は30年目の節目となります。この法律が施行される前は、女子社員はできる仕事の範囲も限定され、残業も休日出勤はほとんどなく、その代り給与も男性の7割から8割程度であったように記憶しています。

法の施行により、今までなかった「総合職」という職種が生まれ、女性の仕事内容も大きく変わりました。男女の差なく仕事の幅が広がり、能力や結果で評価をされることとなりました。しかしこれは、「家庭と仕事の両立」を、ひいては真の意味での「共働き」社会を導くようなものでなく、女性が男性並に働くことを強いるものであったように感じます。
社会・会社から認めてもらうために、残業や休日出勤、接待も男女の性差なくこなし、男性が100働くところを女性は120働くことでその存在意義をアピールする。
時代の恩恵で今の肩書がある、などの評価に対し、自分の価値が下がってしまうことを気にして、必死になって働いてしまう訳です。

実態はむしろ逆のように感じます。キャリアカウンセリングで訪問する企業の幹部の方は、「女性社員の方が実際にはよく働きます。女性の方が男性より能力が高いのかな」などと話されることもあります。

頑張って働く女性にとって幸せな社会ではない現実

実際のケースでは、どこまで頑張って働けばよいのかわからずに、とにかく前だけをみて頑張ってきた女性が、ふと年賀状などで友人女性の夫・子供たちと並んで幸せそうに笑っている姿をみた時に、「普通の幸せ」を手にいれることができていない自分に対し、今までの頑張りに意味があったのかと落ち込み、言いようのない孤独感に苛まれる時がある、と相談に来られたこともあります。

お話を聴かせて頂くと仕事、上司のこと、会社などの話から、最後はやはりご自身の話になります。そして、今まで随分と頑張ってきたことや、やってきた仕事には意味があったことなどの話をしてもらい、それを伺っていると、ほとんどの方は涙を流されます。そしてその後、問題解決には至っているわけではないのですが、それでも「すっきりとした気持ちになりました」と職場に戻っていかれます。

周りを気にせず自分の想いを語れる場所が必要

この涙を流すほど「自分のこと」を語る場所をもつことが、「120病」とよばれるものの自己解決方法なのかもしれません。己のことを語れる場をもつことが、頑張ってしまう人のひとつの救いになるのではないでしょうか。
最近は、職場内も複雑な人間関係になってきており、なかなか素の自分を出せるところではありません。無理して職場内でみつようとせず、全く関係のないそして守秘義務を守ってくれるところで自分の想いを語れるところを探すのも一つの手段です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

自念 真千子さん
産業カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年5月30日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
会社と結婚するな、職能と結婚せよ
年功序列や終身雇用は成り立たなくなることが予想されます。会社に依存せず、自分にとって武器になるスキルを身につけることがこれからは必要。
2019年5月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
働き方改革が国を滅ぼす?中小企業がすべきことは
少子高齢化から人口減少社会に突入した日本。経済活動の縮小が懸念されるなか、働き方改革が人手不足に追い討ちをかけるかのように施行されました。こんなときこそチャンス!社員の心を動かせば・・・。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。
2019年4月19日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
若手社員がぜひ身につけたいスキルとは?
若手社員が会社から期待されるような人材になるにはどのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?周りから出来るヤツと見られる、誰でもできるスピード重視の仕事術について解説します。

テーマ