JIJICO

瀬尾 三礼さん

料理講師 料理研究家

「親子のコミュニケーションに料理」が今注目のワケ

2016年3月13日

親子のコミュニケーションは年々減少

74891eceedb061e54fe8bcc8b67a3b94_m近年、生活環境の変化により、親子のコミュニケーションがとりにくくなっています。
昔お父さんとの遊びと言えば、外でのキャッチボールだったのが、今は一人でゲーム。
食事についても、サザエさんの時代は家族そろっての食事が当たり前だったのが、今は、子供は学校から帰ったら塾や習い事、お父さんは残業というように、みんなそれぞれ忙しくなり、家族で一緒に食事をとる時間も少なくなっているのが現状です。

子どもの孤食にはいろいろ問題が

最近注目されている食育でも、家族がマチマチの時間にそれぞれ食事をとる「孤食(こしょく)」という食事形態については問題とされています。
子供が一人で食事をとり、親子でのコミュニケーション不足になることにより、子供が情緒不安定になったり、嫌いなものでも食べなさい!と言われないので、好きなものばかりを食べて栄養が偏って体調不良になったり、子供のちょっとした表情の変化によるいじめ問題に気付けなかったりするとも言われています。

親子で楽しみながら料理することでコミュニケーション力アップ

親子のコミュニケーション力をアップするには、やはり食事をともにすること。そして、一緒に料理をするとさらにコミュニケーションがアップできます。
私の料理教室でも、親子での「お魚クッキング」や「パン講座」、「クリスマスケーキ作り」の講座などの依頼が様々なところからあり、人気の講座です。
また、幼稚園や保育園のお父さんの会では、子供に作ってあげられるお料理をお父さんが学ぶというちょっと斬新な企画をされる園もあります。

料理には、失敗したり成功したりしながら、一種のアトラクション的な要素も交えながら、最終的には完成形というゲームでいう「ゴール」があるので、ゲーム感覚的な部分でも親子で楽しめる面白いところがあると思います。
料理には、人と人とのつながりを作ったり、おいしいものを食べることによって幸せな気持ちになったり、身体を健康にしてくれたりと良いことづくしです。

イクメンパパなども近年では注目されています。お父さんと子供で海や山、川などへお出かけするのも良いですが、お料理をコミュニケーションのツールとするのも良いかもしれませんね。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

瀬尾 三礼さん
料理講師 料理研究家

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。
2019年3月29日 池内宏征さん
司法書士
認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?
自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

テーマ