JIJICO

半田 望さん

弁護士

「ひげ禁止は憲法違反」訴訟が投げかける問題とは

2016年3月24日

ひげ禁止は憲法違反と訴訟問題に

枕営業はビジネス?東京地裁、驚きの判決に至った見解大阪市営地下鉄の男性運転士2人が、ひげを理由に人事評価を下げられたのは人格権を保障した憲法に違反するとして9日、市に1人200万円の慰謝料などを求める訴訟を大阪地裁に起こしたとの報道がありました。

報道によると、訴えを起こした2人は、ひげは服装や髪形と同じく個人の自由であり、基準に従わないことを理由に人事評価を下げるのは違憲だと訴え、ひげをそって仕事を続ける義務がないことの確認も求めているとのことです。

身だしなみ違反による降格は人権侵害と大阪弁護士会が勧告

また、別の報道によると、この問題について大阪弁護士会が大阪市交通局に対し、ひげをそるよう求める身だしなみの基準を設け、違反すると人事評価に反映させているのは人権侵害にあたるとして、見直しを求める勧告を行っているということです。

大阪弁護士会の勧告は、2人がひげの手入れをしていたことも踏まえ、ひげを一律に不可とするのは正当な理由がなく、個人の自由の制約にあたるとしたうえでひげを理由に人事評価を下げることは給与や身分にも影響し、職員の不利益が大きいと指摘しています。

ひげ禁止訴訟の法律的問題点

この問題については,大阪弁護士会による勧告が出ていることで法的な問題点は明らかなのですが,なぜ問題なのかを考えてみたいと思います。

まず,会社はサービス提供や安全衛生上等の理由により,就業規則や服務規程等の内規に基づき,従業員に対し身だしなみのルールを定めることがあります。例えば「業務中は制服を着用すること」や「(飲食店において)衛生上問題の無い髪型とすること」などが考えられます。

他方で,髪型や服装は本来個人の自由です。そのため,会社が服務規程等を定めるに当たっても,規制は必要な範囲に限られ,個人の自由を過剰に制限するような行きすぎた規制をすることは許されません。

例えば「当社での勤務において,男性は全員「ちょんまげ」を結うことを求める」とし,違反した従業員を解雇したり減給処分とすることは行きすぎた規制である,とするのは簡単に理解できると思います。

今回のケースでは,大阪市交通局において「ひげ」を一律に禁止していることが問題となっていますが,衛生面等でひげを一律に禁止すべき必要はなく,また手入れの有無を問わず一律に規制することは行きすぎである,と考えることが妥当であると思われます。
さらに,大阪市交通局ではひげ禁止違反を理由に不利益な処分を科しており,この点で規制としてより過剰であると考えます。

同様のケースとして,ハイヤーの運転手が口ひげを理由として乗務を外されたことに対し,口ひげが乗務に支障を及ぼすとは考えられないと判断した裁判例(東京地裁昭和55年12月15日判決)や,茶髪を理由に運送会社を解雇されたことが争われた事例で,「茶髪が営業に具体的な悪影響を及ぼした証拠はない」として解雇が無効とされた事例(福岡地裁平成9年12月15日判決)などがあります。

これらの裁判例と比較しても,今回の大阪市交通局の身だしなみ規定,および規定違反による不利益処分は行きすぎであると言えるでしょう。

使用者は従業員の自由を「自由」には制限できない。

使用者は,従業員に対し業務の必要性がある場合には,一定の服務規程を課すこともできますが,使用者が従業員の自由を「自由に」制限できるというわけではありません。

労使関係を考える上では,その命令や規定が業務上必要なのか,それにより重大な不利益を課すものではないか,という視点が常に必要なのです。

専門家に相談してみよう!

半田 望さん
弁護士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2017年8月24日 森 透匡さん
コミュニケーションコンサルタント/セミナープロデューサー
解決!アスクミー JIJICO
ビジネスや日常生活にも役に立つ「ウソの見抜き方」
ビジネスでのトラブルの責任所在を明らかにする時、詐欺に遭いそうな時、採用面接やプレゼンで相手の真意を見抜きたい時、お子さんや家族が悩みを隠している時など、ウソを見抜くスキルが役に立ちます。
2017年8月23日 中村 伸子さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本。解消するには?
18歳未満の子と一人親の世帯の貧困率は54.6%と半数を超える結果に。そして、この一人親世帯の貧困率は、世界で最も高いとされています。
2017年8月22日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
死後離婚を選ぶ人が増えているワケ
死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。
2017年8月22日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
子どもに身につけさせたい食事のマナー どのように教えたらいいか?
古今東西「生きることは食べること」ですが、三つ子の魂100までの例え通り、長い人生をより良く生きるには幼い頃からの食べ方の躾は必要不可欠です。
2017年8月21日 成澤 紀美さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
働き方改革でも副業・兼業を推進へ 企業が導入するためには何が必要か?
副業・兼業については「働き方改革」でも推進する方向にありますが、これらを導入するために何が必要なのか考えてみる必要があるようです。
2017年8月21日 中原 崇さん
社会福祉士
解決!アスクミー JIJICO
身内の暴力を隠す傾向にあるのは女性だけか?
身内からの暴力に耐えかねる場合は、その苦しみを声に出すべきですが、手段は警察への通報だけではありません。また、男性に対しての支援も欠かせない課題です。
2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。

テーマ