JIJICO

田中 靖浩さん

社会保険労務士

「社内給与格差」にみる 実力主義のメリットとデメリット

2016年3月25日

「実力主義」に移行する日本企業が増え続ける現状

2fbb0a47d9eff4c4e34cc3d8bb78e4f3_mこれまで日本の企業は長い間「年功序列」と「終身雇用」という雇用制度を採用してきました。
これらの雇用制度は入社から定年までの長い期間同じ企業で安定的に働くことができるというメリットがあり、これまでの日本の風土に一番適した雇用形態と言われていました。
それが、ここ数年大手企業を中心に「年功序列制度」「終身雇用制度」を廃止し、「実力主義」に移行する企業が増えています。

「実力主義」とは、「年齢」や「勤続年数」、「学歴」などの属人的な要素ではなく、「実力」によって従業員を評価し、その「成果」をダイレクトに給与に反映させる人事制度です。
「成果」が給与に反映されることにより、従業員のモチベーションアップに繋がり、向上心がある人は、より自分を高めようと努力することになります。

 しかし、「業種」、「職務内容」、「部署」などの環境要因により「成果」に結びつかない場合も多数考えられますので、「制度設計」を間違えば社内の「給与格差」は広がるばかりで、従業員の会社への信頼感が低下し、従業員の能力弱体化に繋がるという意見もあります。
では、この「実力主義」のメリットとデメリットを考えてみましょう。

実力主義のメリット

 一番のメリットとして考えられるのは、従業員の仕事に対するモチベーションアップが期待できるということです。
「実力主義」社会では「年功賃金」とは異なり、仕事に対する「質」を上げることや「量」をこなすことにより、自身の「成果」に繋がり、給与やキャリアアップにダイレクトに反映されますので、頑張って「成果」を出すために努力しようと考える者が増えるでしょう。

 また、勤務時間中の時間の使い方もより有効に使おうと考えることにもなり、ダラダラ残業や無気力な従業員から脱却し、常に自己啓発やスキルアップを目標にした従業員が増えることも企業にとっては大きなメリットになります。

実力主義のデメリット

 デメリットとして考えられるのが、短期的な結果だけを追求する従業員が増え、将来を見越した挑戦をしない従業員が増える可能性があるということです。
今「成果」が表れている仕事には人材が集中しますが、「成果」が予測できない新規事業や取り組みは敬遠するという状況が考えられます。

そして、直接「成果」に結びつかない間接的な仕事を避けることも予想されるため、「チームワークの乱れ」や「職場の雰囲気が悪化する」ということもデメリットとして予想されます。

「実力主義」成功のためには・・・

「実力主義」を会社に浸透させるためには、「制度設計」が重要です。従業員の性格や能力は個々人により異なりますので、いくら頑張っても「成果」が表れない仕事や部門もあります。
それぞれの職務内容を具体的に洗い出し、不公平感のない基準を設けることが必要でしょう。

そして、社長の経営方針やビジョンを明確に表した上で、従業員の成長と幸せを意識した「成果」だけに偏らない制度づくりを行うことが、企業の基盤を支えることができる将来性のある「実力主義」を構築できるのではないでしょうか。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田中 靖浩さん
社会保険労務士

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2018年12月26日 内田 朱美さん
カラーセラピー・コンサルタント
コミュニケーション力こそがビジネス成功のカギを握る
ITの発展や働き方改革などにより実働時間は変化しつつありますが、働く人のストレスは減っているのでしょうか。ストレスの多くは人間関係で、関係性の質を高めるためには円滑なコミュニケーションが不可欠と専門家。
2018年11月15日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
日本企業は中国ビジネスを成功させることはできるのか?
世界最大規模の市場を誇る中国。日本から多くの企業が進出していますが、成功例ばかりではありません。日本企業が中国でビジネスを成功させるためのポイントを、現地で販売ビジネスを経験したアドバイザーが解説。
2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月9日 北 宏志さん
中国ビジネスアドバイザー
中国でのビジネス時、宴席での振る舞い方は?注意すべき点を解説
中国の人たちとの宴席時のマナーについて解説。気を遣って食事をするよりも、楽しく振舞う方が相手は喜んでくれます。日本とは勝手が異なりますが、個人的な関係性を築きたいと彼らは考えあなたを誘っています。楽しく振舞うことが相手との関係性を強固にするのです。

テーマ