JIJICO

久保 清景さん

医学博士

高血圧は突然死を引き起こす? 40?60代は血圧管理徹底を  

2016年3月30日

あらゆる病気の原因となっている高血圧

94968ca949683940d791e0d655a2961d_m日本人の高血圧人口は4000万人を超えていると言われており、最もよく聞く病気の一つです。
しかし普通は何も症状なく、長期間にわたって徐々に頭や心臓、眼、腎臓などの主な臓器に影響を及ぼし色々な障害を引き起こしてくる恐ろしい病気のひとつです。

血圧が高いほど脳卒中や、心筋梗塞、急性心不全などの循環器疾患にかかる割合が多くなり、死亡率なども当然高くなります。その結果、日本の医療費に於いてもその割合は大きく占めることとなりお金の面からも重要な病気であることが分かります。

高血圧治療を必要とする患者の半分が放置している現状

一方、初期の高血圧症では症状がないことから高血圧治療を必要とする患者さんの約半分が治療を受けておらず放置したままの状態と言われています。
また、治療中の患者さんでも約半数の方が降圧目標に達していないとも言われています。

このように高血圧症は最も身近な病気ですがまだまだ降圧することの重要性が一般の方々には十分伝わっていないのが現状だと思います。

高血圧の放置は突然死の引き金につながる

今回、梅田の暴走事故は、高血圧の未治療に起因すると思われる大動脈解離による心タンポナーデによる突然死によるものだったとの事ですが高血圧を放置しておくとこのようなことが我が身にも起こる可能性が少なからずあるということを示した例としてとらえて欲しいと思います。

今回分かった大動脈解離のほかにも高血圧による突発的な異変は色々あります。
脳卒中もその一つでこの中には、頭の血管が詰まってしまう脳梗塞症、また、血管が破裂してなる脳出血やくも膜下出血もその一つです。

心臓では突然血管が詰まってしまって起きる急性冠症候群と呼ばれる心筋梗塞の状態や、心臓に負担がかかることによって心臓の機能が弱ってしまう急性心不全なども起こります。
また妊娠中のお母さんにも高血圧による脳症や子癇と呼ばれるけいれん症状なども有ります。

自覚が無くても高血圧であれば治療は絶対に必要

このように普段は大したことないと考えがちな高血圧症も重症だったり放置していると突然このようなことが襲ってくるかもしれないのです。これを防ぐのはしっかりと血圧を下げることが唯一の予防です。

一旦このような病気が発症すると数分~数十分単位、場合によっては数十秒単位で症状が悪化、意識を失ったり、呼吸や心臓が止まってしまったりするのでこれがバスや電車の運転中であれば大事故につながりかねませんし、そうでなくても多くの人々に迷惑がかかります。

自分は高血圧ではないから関係ないと考えず、特に働き盛りの40~60代の方には家族や自分の回りで高血圧の方がまだ治療されていない時は治療を勧めることが、今回の事故で教えてくれた教訓なのではないかと思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

久保 清景さん
医学博士

「医療」のその他の記事

2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ