JIJICO

山中 伸枝さん

ファイナンシャルプランナー

老後の生活に必要なお金 本当はいくら?

2016年4月8日

老後に必要なお金の算出には老齢年金も考慮に

起業を考えての退職は失業保険がもらえない?判断の分かれ目老後に必要なお金は1億円!
そんな言葉をあなたも聞いたことがあるかもしれませんね。

生命保険文化センターが行った調査によると夫婦二人で老後の生活をおくるために最低限必要な生活費は22万円だそうです。年間264万円ですね。
仮に老後を65歳から90歳までの25年間と仮定すると老後に必要なお金は6,600万円でとなります。

同じ生命保険文化センターの調査ですが、老後にゆとりある生活をするためには、いくら位必要かとしたところ、答えは35万円だったそうです。年間420万円ですね。先ほどと同じように老後を25年と仮定すると必要なお金は1億500万円となります。

こうなると、「老後に必要なお金は1億円!」というのも、あながち嘘ではないということが分かります。ゆとりある老後の暮らしは資産1億円が目安ともいえるのです。
しかし、老後にも収入がありますよね。そうです、老齢年金です。65歳から終身でもらえる国の年金です。

働き方などによりもらえる年金額は変わるので今から算出を

この年金ですが、将来もらえる金額を算出するための計算式があります。

例えば自営業の方が加入する国民年金の場合、加入1年あたり年金約2万円に相当します。つまり、20歳から60歳までの40年間加入すると、2万円x40年=80万円と、おおよそ65歳から受け取る年金額を試算することができるのです。

会社員の場合は、この国民年金に厚生年金が加算されます。厚生年金の計算式は、年収見込み額x5.418÷1000x厚生年金加入年数で計算できます。

仮に会社員として38年働き、その間の平均年収が600万円だとすると65歳からもらえる厚生年金は約125万円となり、国民年金と合わせると約205万円となります。(計算式:600万円x5.481÷1000x38=1,249,668円)

老後に必要なお金は世帯ごとに大きく異なる

例えばご主人が上記のような条件で過去働いていた経験を持っていれば、ご主人の年金が約205万円、奥さんはずっと専業主婦だったという場合の年金は国民年金のみとなりますから約80万円です。
お二人が同い年であれば65歳からもらえる年金額は二人合わせて約285万円となることが分かります。

前述の老後の生活に最低限必要なお金は年間264万円でしたから、これであれば年金だけでもなんとか暮らせそうですね。でもゆとりある生活に必要なお金は年間420万円でしたから135万円足りません。

高齢期には新しい働き口を見つけるというのも現実的ではないでしょうから、この不足135万円は貯金を取り崩すことになります。
老後を25年と仮定すると、65歳までに老後の生活に不足するお金は3,375万円となり、少なくともそれ以上の貯蓄残高を65歳までに作っておかないと大変なことになるわけです。

一方奥さんが専業主婦ではなく、ご主人と同じように厚生年金に加入しながらお勤めをしていればご主人と同様年間約125万円の厚生年金が国民年金に加算されますので、合計205万円の年金となります。
二人合わせると年金が410万円ですから、貯蓄をそれほど取り崩さなくてもゆとりある暮らしがおくれることになります。(もちろん、働く年数、年収によっても金額が異なりますからご自身の場合はどうかをよく考えて試算する必要があります。)

しかしご主人だけで働く、しかも国民年金のみの加入でとなれば、夫婦合わせての年金が最高でも160万円程度しかなく、一気に老後の暮らしは苦しくなってしまうのです。

若いときから将来への仕送りをすることが大切

このように、老後の生活を考える時は、なんの根拠もなく不安に思うのではなく、若い時からいかに働くかを意識する必要があります。
一生懸命働き収入を得、将来への仕送りを実行すること。
これが自分自身、そして家族の人生に対する責任の取り方ではないかと思います。

人生設計にマジックはあり得ません。自分自身の将来へコツコツ仕送り、これが王道です。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

山中 伸枝さん
ファイナンシャルプランナー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「快適な暮らし」のその他の記事

2019年7月23日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
乱立するキャッシュレス決済に潜むリスクと安全な利用に向けた注意点
キャッシュレス決済による利便性が高まる一方、その利用は常にリスクに晒されています。事業者によるセキュリティ対策だけでなく、利用者も自衛手段を行うことで安心・安全な利用が可能となります。
2019年7月15日 今村 浩二さん
ファイナンシャルプランナー
資産運用で注目!「iDeCo(イデコ)」のメリットと注意点
節税しながら資産運用できると注目の「iDeCo(イデコ)」。2017年に改正されより多くの方が使えるようになり、FP相談の場でもお客様の関心が高い制度です。「どんな仕組みなのか?」「利用する際の注意点は?」知っておきたいポイントをお伝えします。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月29日 髙木理恵さん
介護施設コンサルティング
高齢者の車の運転事故と免許返納を家族全員で考える
高齢者が運転する車によって引き起こされる事故が後を絶ちません。高齢者の免許返納については身内である家族全員で考えることが重要です。

テーマ