JIJICO

岸井 謙児さん

臨床心理士・スクールカウンセラー

組体操の安全性が投げかける教育のあり方について

2016年4月9日

昔からではない組体操の高層化

組体操の安全性が問題になっています。
日本の教育に組体操が取り入れられたのは明治時代ごろからですが、昨今のような「高層化競争」は最近の特徴でしょう。力を合わせて危険を乗り越えるという組体操の持つ独特の魅力が「高層化」につながったのかもしれません。

そもそも運動会は体育祭とも言うように、学校集団や地域の祭りでもあります。日常生活の中の非日常性の行事として、地域や人々の精神的なエネルギーの回復の行事でもあり、危険を顧みず何段にも積み重ねられた高みを目指す子どもたちの姿が、保護者や関係者の気持ちを高揚させていることも理解できます。

危険性を「現場に判断を委ねる」というあいまいさ

もちろん学校行事としての運動会は子どもたちの成長につながる場でもあります。
健康安全を目的とした体育的行事として位置付けられており、その活動で事故を起こすことは望ましくありません。

しかし組体操の練習中などに起きる事故は日本スポーツ振興センターのデータによると年間8000件を超え、2014年度には全国の小・中・高校で起きた8592件の事故のうち、「ピラミッド」が1241件、「タワー」が1133件だったそうです。

それに配慮してスポーツ庁は、「演技種目や高さは一律に規制せず、原則として学校側の判断」に委ね、その上で「確実に安全でない場合は組体操を中止する」ことを求めた通知を出しました。

ただこの通知では「現場の判断に委ねる」と言う表現が、「事故があった場合は当該学校の責任だ」というニュアンスにもなり、現場としてはそのバランスに悩むことになります。
こういう状況の中で学校現場の指導に当たっている教員には何が求められているでしょうか。

経験と勘に頼らずに、科学的で継続的な指導法を

まず求められることは、科学的な安全指導の力量です。
とりわけ担当する教員自身が「どうすればピラミッドが崩れることがなく安全に取り組めるか」についての科学的な指導法を学ぶ機会が限られているのが実態です。
学習指導要領に含まれていない組体操について、先生方は大学でも専門的な指導方法を学ぶことはありません。
経験豊富な先輩の技能を体験的に学ぶか、本やインターネット等での情報を中心に見よう見まねで取り組むことが大半ではないでしょうか。
今後は経験や勘に頼るのではなく、組体操の科学的指導法の研究・開発と伝達・共有が求められていると言えます。

次に継続的・系統的指導の問題です。
学校行事として取組む場合、その準備には日々の教育活動の内の限られた時間しか割くことができません。
しかしピラミッドやタワーの場合、その安全性は子どもたちの体力に大きく左右されることは当然です。
そのためにも数週間の準備で行う一過的な行事としてではなく、時間をかけて子どもたちの一人一人の体力や筋力の確認や増強していく、継続的・系統的な指導が求められると思います。

新しい組体操のあり方とは

最後に組体操に対する視点の問題です。
一体感・達成感を子どもたちに体験させるために、「高層化」「巨大化」などの限られた方向だけでなく、もっと柔軟な発想が求められているのではないでしょうか。

日本で組体操と言えば、その秩序立った規律正しさが評価されますが、運動会の集団演技として最近よく取り上げられる「よさこい」などでは、コスチュームや音楽などの要素も取り入れながら現代的なマスゲームに工夫されています。

また東南アジアなどでは組体操を「スポーツ」としてとらえ、下にマットを敷くなどの安全対策をとっているそうです。
今後は危険を顧みない規律正しいマスゲームとしてだけでなく、子どもたちが表現する喜びに結びつく安全な表現活動としての組体操を模索することが求められているではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

岸井 謙児さん
臨床心理士・スクールカウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「教育」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ