JIJICO

村田 晃さん

心理学博士・臨床心理士

自閉症を視線測定から診断へ~バイオ・マーカーを求める研究者達

2016年4月14日

視線測定により自閉症を客観的に数量化して判別することに成功

        
学習塾ノウハウ導入の武雄市、曖昧な選択基準は政治的判断か?いわゆる発達障害の一つである「自閉症スペクトラム症」(Autism Spectrum Disorder [ASD])(以下「自閉症」と略称)の診断を、視線を測定することにより約8割の確率で判別できた、との福井大学などの研究チームによる論文が今年3月に英国の発達障害専門誌に掲載されたとの記事がありました。その記事には、客観的な診断指標につながることが期待される、とありました。

「自閉症」の診断は、国際的な診断基準の一つで日本でも広く使われているアメリカ精神医学会(APA)による診断基準(DSM-5)によれば、1.社会的なコミュニケーションや交流の障害、及び、2.限定的・反復的な行動と興味、が核となります。
ただ、それぞれの具体的な障害の内容は、絶対的なものはなく例として挙げてあるだけです(例えば、コミュニケーションや交流の障害の例として、「会話のやり取りの失敗」とか「ジェスチャーを理解したり使うことの欠陥」などが挙げてありますが、かなり漠然とした表現となっています。)

したがって、上の1と2の障害をどのように判断するかは具体的には個々の診断者に任されているところがあり、したがってその判断に差が出ることは十分ありえます。
そこで、そのような診断者による差を防ぐために、身体疾患によく用いられる生理的な指標(バイオ・マーカー)を見つける試みは以前から行われています。

今回の研究もその一環といえ、その中で視線に着目したものですが、これは「視線を合わせない」ことがコミュニケーションや交流の障害の主要な一例として挙げられていることから、バイオ・マーカーとしてはいい対象といえます。
また、視線の計測自体は2分で終わるとのことから、短時間でできることも好条件です。

自閉症の原因が確定しない現状では早期発見は重要な課題

「自閉症」の原因については現在のところ確定的なことは分かっていません。
したがってその治療法はいわば対症療法的ですが、臨床的には早期診断が予後に好影響を与えることも認められており、したがっていかに早期に診断するかは非常に重要といえます。
今回の研究対象は15歳~41歳ですが、いわゆる隠れた大人の「自閉症」の早期発見にも寄与すると期待されます。

バイオ・マーカーの探究だけで済まない自閉症の判断の難しさ

このように今後、「自閉症」の診断においていわゆる客観的な指標となりうるバイオ・マーカーの研究はもっと発展していくものと考えられます。

ただし最後に一言付け加えたいのは、「自閉症」に限らずいわゆる精神疾患の診断においては、その最終判断が主観的・相対的であることはある程度止むを得ない、ということです。
なぜなら、例えば前述のDSM-5の診断基準では、「自閉症」の診断において仮に症状が認められたとしても、それが日常生活を送る上で「実際上著しい障害」を来しているか、が最終的な判断材料であるからです。
逆にいえば、症状を持ちながらも何とか日常生活をこなしていれば、それは自閉症とは診断されないことになるのです。

つまり、生理的指標(バイオマーカー)自体は数値で表せる「客観的」なものであっても、その数値を当てはめる基になる自閉症の診断自体が相対的である限り、いくら数量化してもそれだけで絶対的な「客観的」な診断の指標とはいえないことを頭に入れておく必要があります。
言い換えれば、精神疾患というのは単に生理的・生物学的な概念ではなく、社会的な要因も含んだ概念であることを忘れてはいけないということです。

専門家に相談してみよう!

村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「医療」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ