JIJICO

大西 勝也さん

内科医

酒を飲むとすぐ赤くなる人は、がんになりやすいってホント?

2016年4月20日

アルコールと癌の関係

「ごくごく」や喉元アップ禁止、アルコールCM規制は過度な配慮!歓迎会のシーズンでみなさん飲み過ぎていませんか?
アルコールの飲み過ぎで、二日酔いといった急性アルコール中毒の症状で苦しむ方も少なくありません。

アルコールを飲むと真っ赤になる人と、まったく顔色が変わらない人がいますが、どちらの方がアルコールの害を受けやすいのでしょうか?今回は、顔が赤くなる人と、アルコールと関係すると言われている癌との関係について説明します。

酒を飲んで顔が赤くなるのはどうして?

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)の作用でアセトアルデヒドに変わり、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の作用で酢酸に代わります。

ADHの働きが弱い人では、アルコールの分解が遅いため、アルコールが体の中に残りやすく、そのため、アルコール依存症になったりします。

ALDHの働きの弱い人では、悪酔いや顔を赤くする原因物質であるアセトアルデヒドの分解が遅いため、アセトアルデヒドが体の中に残りやすいのです。

つまり、アルコールで顔が赤くなりやすい二日酔いを起こしやすいというのは、このアセトアルデヒドが原因なのです。ADHやALDHのような酵素の働きは遺伝的に決まっており、ALDHの働きが弱い人は日本人の約40%を占めると言われています。

アルコールが原因の癌にはどのようなものがあるか?

2007年の世界保健機関(WHO)の評価では、アルコール摂取は口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸・乳癌の原因となるとされています。2005年の厚生労働省の研究では、男性に発生した癌全体の13%が週エタノール換算で300g以上の飲酒に起因すると概算されています。
5%ビール500mlのエタノール量が20gとなりますので、毎日ビールの500ml缶を2本飲むくらいの量となります。

なぜ、飲酒でがんが増えるかというとアルコールとアセトアルデヒドには発癌性があるからです。
特に、それらの分解が遅いALDHの働きが弱い顔の赤くなりやすい人は、アセトアルデヒドの蓄積でがんになりやすいわけです。

どんな癌が増えるの?

口腔・咽頭・食道のような、アルコールが直接当たるところの癌になりやすいです。
特に、たばこを吸われる方は、それらの癌になりやすいと言われています。

日本人は欧米人よりも少ない飲酒量でも大腸癌のリスクが増えると言われています。
したがって、大腸癌は飲酒量を減らすことによる予防効果は大きいと予想されます。

肝臓癌に関しても、アルコールで増加することが言われています。
アルコール性の肝障害が進むと肝硬変という肝臓がスカスカの状態になり、癌が発生しやすくなります。
ウイルス性肝炎に患っている患者さんが、アルコールを摂取すると肝硬変になりやすいともいわれています。

乳癌については、欧米の疫学研究をまとめた解析では、ビール250mlのエタノール量が増えるごとに7.1%乳がんの発症リスクが増加しました。

ただし、日本人において、アルコールと乳癌との関係は証明されていません。
女性でアルコールを飲まれる方が増えているので、今後増加してくるかもしれません。

飲酒は適度な量に 飲酒時の喫煙は禁物

では、どれくらいの量であれば大丈夫なのでしょうか?実は、まだわかっていません。
アルコールは絶対に悪いものではなく、種類と量が重要です。

ポリフェノールを含む赤ワインをグラス2杯までのアルコールは心血管病を増やさないという欧米のデータはありますが、日本人においてはまだわかりません。

顔に出ない人は日本酒換算で2合以内、顔が赤くなる人は1合以内に控えるのがいいのではないかと思います。
飲酒時に喫煙されると癌になる確率が増えますので、くれぐれもご注意を。

このコラムを書いた専門家に質問できます

大西 勝也さん
内科医

無料で相談してみる

「医療」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ