JIJICO

村田 晃さん

心理学博士・臨床心理士

地震にあった人に周囲が今できる心理的な援助について

2016年4月20日

災害の被害にあった人に周囲ができる心理的援助について

女性に増加する「冬季鬱病」への備え  引き続く地震などの自然災害に対して、身近な方が遭遇された方もいらっしゃると思います。
その被害にあった人に対して、心理専門家でなくても今できる心理的な援助について、これまでの心理学の研究結果や私自身のカウンセリング経験から述べたいと思います。

なお一つの指針として、米国国立PTSD (心的外傷後ストレス障害) センターと同国立子どもトラウマティックストレス・ネットワークが発行した 「サイコロジカル・ファーストエイド[心理的初期援助 ](PFA) 実施の手引き(第2版)」の日本語訳(兵庫県こころのケアセンター作成)があります。
  この手引きは、初動の災害救援活動を行う人向けに作成された初期における心理的支援の手引きですが、一般の方でも参考になると思いますので、関心のある方は末尾のサイトにアクセスすれば日本語版の全文が入手できます。

心理的な初期援助で大事なこと

一番大事なのは、被災当事者が今何を必要としているかを正確に把握し、できるだけそれに答えるようにすることだと思います。
 
もしそれが食糧や衣類、また身内との連絡やライフラインの情報であれば、できるだけそれに対応するようにすることです。
心理的援助を狭く考える必要はありません。
相手の今必要としていることに対応するのが、真の心理的援助と考えます。

心理的援助でできること

それは相手の気持ちを支えることだと思います。
この支えるとは、例えば相手の話を聴くことです。
その際、ことさら励ましたりする必要はないと思います。
大事なのは、相手の話しをそのまま黙って聴くことだと思います。

また、もし相手が話したくないならそれも尊重し、その時はただ黙って傍にいるだけでも十分だと思います。
このことがいわゆる「共感」的理解であり、簡単に言えば喜怒哀楽を共にすることだと思います。

避けるべき態度

被災者をことさら弱者とみなすことは避けるべきと思います。
そうではなく、逆に援助しようとする自分の側に焦点を合わせ、今自分が相手のために何ができるかを考えるべき、と思います。

また、今の時点で、起きてしまった災害時のことを聞くのは避けるべきと思います。
そうではなく、「今・ここ」に焦点をあわせて相手の具体的な要望に応えられるようにし、そしてこれからの生活を少しでも進めることを具体的に一緒に考えることに集中すべきだと思います。

最後に、くれぐれも「善意」の押し売りにならないように気をつけるべきと思います。
ことさらに相手を可哀想に思った態度や行動をすることは、逆に相手の気持ちをより傷つける可能性があることを心に留め置く必要があると思います。

「サイコロジカル・ファーストエイド(日本語訳)」のサイト
http://www.nctsnet.org/sites/default/files/assets/pdfs/pfa_japanese.pdf

専門家に相談してみよう!

村田 晃さん
心理学博士・臨床心理士

この専門家について

執筆記事一覧

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年1月22日 山崎 雅夫さん
仲人
解決!アスクミー JIJICO
「親の代理婚活」を考える!増加の理由や落とし穴は?
結婚相手との出会いとは、どんな出会いの形でも良いのです。たとえ親が見つけた相手でも。結婚相手との出会いはすべてが奇跡なのです。
2018年1月21日 白木 麗弥さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
選択的夫婦別姓の行方はどうなる?「姓」とは結局何かという話
現在の制度では、結婚するとき、離婚するときにどちらの姓を名乗るべきか悩む場面がゼロではありません。海外では選択的夫婦別姓が主流になりつつあるなか、日本ではどうなってゆくのでしょうか。
2018年1月20日 加藤 豊さん
不動産コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
長期間住んでいる部屋、家賃の値引き交渉をしたいがどうすればよい?
同じ賃貸住宅に長く住む人にとって、今は家賃の減額交渉がしやすい環境にあります。交渉ノウハウや考え方を知って、快適な暮らしを手に入れましょう。
2018年1月19日 泉田 裕史さん
税理士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税、今後も争奪戦は続くのか?2018年の動向を考察!
すっかり定着した感がある「ふるさと納税」ですが、2017年4月に総務省から高額返礼品の自粛が要請されました。2018年はどうなるのでしょうか?

テーマ