JIJICO

青柳 雅也さん

心理カウンセラー

パートナーとの別れで高まる死の確率?

2016年5月9日

パートナーの存在と健康

皆さんは、健康のためにどんな工夫をしていますか?
サプリメント、食事制限、運動、リラックス法、多くの健康法の情報が乱立している昨今です。

五大疾病の一つ、「脳卒中」についてあることが注目されています。
配偶者との離婚や死別といった婚姻状況の変化によって、脳卒中の発症リスクが1.26倍に高まることが、国立がん研究センターによる40歳以上の男女5万人の調査から分かったのです。

特に男性の場合、妻を失うと、脳卒中のうち血管が破れて脳内で出血する「脳出血」の危険性が1.5倍になることが明らかになりました。
一方、女性の場合には、仕事をしていない女性が夫を失うと、仕事をしていて夫もいる女性に比べ脳卒中リスクが3倍に高まることなども示されたといいます。

また、配偶者を失った後、親と同居することで、男性では脳卒中リスクが低下するのに対し、女性では逆にリスクが上昇することも示されました。
さらに、配偶者を失った後、子供と同居していた男女では、婚姻状況に変化なく子供がいない人に比べ、脳卒中リスクが1.45倍に高まったのです。

離婚や死別などによって、パートナーを失うことが心臓病の発症率を高めるとの報告は多かったのですが、脳卒中についても同様の現象が起きています。
心理的に、どんなことが考えられるのでしょう。

ストレスの高いライフイベント

アメリカの社会学者ホームズと内科医レイが20年に渡り、身体疾患の発祥の原因となり得るような重要な出来事(ライフイベント)を数値化し、現状起きているライフイベントの合計点数によって現状の心身へのストレス負担をみるライフイベント法というものがあります。

ストレスというのは、ネガティブな出来事に限っているように思えますが、就職、出産、結婚、昇進などもまた、変化を伴うストレスでもあるのです。

その43項目のライフイベントの中でストレスの高い上位5項目をピックアップしてみると以下のようになります。
① 配偶者の死
② 離婚
③ 夫婦別居
④ 刑罰
⑤ 近親者の死亡

これらのことは、人が生活するうえで大きなストレスとなります。
そう考えると、「脳卒中」にしても「心臓病」にしても、ストレスというものが健康に与える影響というのは甚大なのでしょう。

人とのつながりが薄くなる中で

厚生労働省による自殺者統計の数をみても、晩年になるほどに男性の「離別」による自殺も増えています。
家族という在り方、近所との付き合い方が、希薄になっている世の中です。楽しいことであったとしても、辛いことであったとしても、誰かと”共有”できてこそそれは本物になるのです。

味のしない生活というのは虚しいものです。
共有する相手が配偶者しかいないと、配偶者を何らかの形で失った途端に、「孤独感」という魔物が、自分を大切にするという意志を奪ってしまいます。
結果、人の健康を損なわせるのは、不思議なことでは無いでしょうね。

経済的発展、便利さを追い求めることも大事ですが、人と人との心のつながりがフォーカスされる必要が出てきた時代なのではないでしょうか。

専門家に相談してみよう!

青柳 雅也さん
心理カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ