JIJICO

安藤 はま子さん

心理カウンセラー

暗く悲しい気持ちのときこそ笑いを!

2016年5月11日

本当に笑いが必要な時 人は笑いを忘れてしまう

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_m本当に笑いが必要なときに人は笑うことを忘れてしまうものです。
何故かと言うと、心が楽しくない状況にあるからです。

心理と感情とは密接につながっています。
事故や病気、悩み等で暗く悲しい気持ちになっているときには、普通、笑顔はあまりでません。
心に大きな喪失感や絶望感があるからです。

笑うことを忘れて生活していると、顔の表情筋を使わないため、笑おうとしても笑顔を作ることができないようになってしまいます。
使わない筋肉は退化し、固まってしまうのです。

そうなると、ますます笑うことをしなくなります。
使っていない筋肉を動かす、使っていない回路を使うことを人は面倒に感じるからです。
そうなってしまう前に心のケアをしたいですね。

暗く悲しい気持ちのときこそ笑いを取り入れる

簡単で効果的な心のケアは「暗く悲しい気持ちのときこそ笑いを取り入れる」ことです。
暗く悲しい気持ちのとき、人は笑わなくなっていることさえ気付かないものです。
ですから、普段から「悩みがあるときやショックなことがあったときには笑うことを心がけよう」と脳にインプットしておくことです。

心や体を健康に保っていくための対処法の一つとして覚えておくことで、いざという時に使えます。
悩みやショックなことがあって暗い気持ちになっているときに、その方法を思い出して「意識して笑ってみよう」と思い、実践することで気力を取り戻せるようになります。

笑いや笑顔はそれだけで心を元気にし、楽しい気持ちにする

この場合の「笑い」とは、声に出して笑うこと、笑顔を作ることの両方を意味しています。
面白くて笑うにしても面白くなくて笑うにしても、笑いや笑顔には心を元気にし、楽しい気持ちにする効果があります。

人間は、言葉からイメージを感じています。
「笑い」「笑顔」などと言う言葉には、心地良いイメージがあり、笑うしぐさをするだけで、心の状態が快楽の方に傾いていくのです。

笑うときは漫才やコント等を見たり聞いたりして心から楽しく笑うのが一番笑いの効果が出ます。
面白いマンガや小説を読んでもいいですし、ドラマや映画で笑うのでもかまいません。
それらを意識的に使って笑いを取り入れることで、心が喜び、楽しい気持ちが倍増されます。

まず笑顔を作ったり笑ったりすることも効果的

もし、笑う気力もないというときには、無理矢理にでも笑顔を作る、わざと笑い声を出してみるのでも、笑いの効果はあります。
顔の表情と心はつながっていますので笑顔を作ることで快の気持ちが涌き、心の状態を心地良くしていきます。

わざと笑うやり方はレスリングのアニマル浜口さんなどが実践されていますが、笑い声を出すことで快楽の気持ちを生み出し、腹筋なども使う深い呼吸で笑い声を出せばさらに元気を創っていけます。

笑いは老若男女どなたでも取り入れられます。簡単に心をポジティブにでき、心身の健康に役立つ方法です。何かの折にお試しください。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

安藤 はま子さん
心理カウンセラー

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2018年10月19日 折山 旭さん
ライフキャリアカウンセラー
派遣業界の2018年問題で注目を集める無期雇用派遣、メリットとデメリットは?
改正派遣法と改正労働契約法の施行により、派遣社員など有期雇用の労働環境が大きく変化する2018年問題。雇用条件や契約期間など無期雇用派遣のメリット・デメリットについて専門家が解説します。
2018年10月15日 鹿島 直之さん
精神科医
大竹しのぶさんの母が診断された老年期うつ病とはどんな病気?
女優・大竹しのぶさんの母親が老年期うつ病と診断され、大竹さんと家族により自宅で手厚い介護を受けながらも食欲、意欲の低下が改善せず9月1日に亡くなりました。老年期うつ病の特徴と治療について解説します。
2018年10月12日 橘田 えみさん
整理収納コンサルタント・防災備蓄1級プランナー
停電に 困らない「暮らせる灯り」の準備を!
停電災害が、猛威の台風や地震から発生し、電気に頼る現代社会に大打撃をもたらしています。停電による暗闇は、危険と恐怖心が増します。今回は、自宅避難を想定した夜の「暮らせる灯り」の準備についてお話しします。
2018年10月10日 中原 崇さん
社会福祉士
子どもの前で行われるDV「心理的虐待」が増加。被害を減らすには?
2017年度の児童虐待の数は13万3778件。子どもの目の前で行われるDVが心理的虐待として扱われるなど数は増加傾向に。虐待から子どもを守るためには、子どもやその家族をサポートする環境を整えることが大切。

テーマ