JIJICO

松長根 幸治さん

介護経営コンサルタント

高齢者が安心して暮らせる環境 街づくりとは?

2016年5月13日

全人口に対する高齢者の割合

日常生活にわずかな異変、軽度認知障害(MCI)に要注意65歳以上の高齢者人口は3300万人(2014年10月1日時点)で、総人口に占める割合は26.0%となり過去最高となりました。
約4人に1人が高齢者となります。

厚生労働省が出している統計では、2042年に高齢者人口のピークを迎え3,878万人になると予測されています。
増加し続ける高齢者が安心して暮らしていける環境を整えることは日本全体で取り組むべき課題と言えるでしょう。
それではどのような対策・解決策があるでしょうか?

高齢者が安心して暮らせる環境 都市部と地方部では対策が異なる

この問題は全国一律で論じることはできません。地域格差があるからです。
今後都市部では高齢化が進み、独居世帯や老々世帯が急増します。

2010年と2025年を比較すると埼玉県では2倍、大阪府では1.8倍、愛知県では1.7倍、東京都では1.6倍増加するとされています。
逆に高齢化率が一番高い秋田県(31.6%)では1.3倍とされており増加水準は高くありません。

都市部では地域包括ケアシステムの構築が出来るかがポイント

それでは都市部ではどのような対策が必要になってくるでしょうか?
結論から言いますと、都市部では「地域包括ケアシステム※の構築」ができるかが重要なポイントなります。

※地域包括ケアシステムとは「高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制」を指します。

現在都市部では特別養護老人ホームをはじめとする入所施設が足りておりません。
しかし土地やコストの問題もあり新たに入所施設を建てるのは難しくなっております。
ですので、人口が密集している都市部では地域包括ケアシステムの特性を活かし、在宅介護サービスを受けながら生活環境を整える事が現実的です。

ただし、問題があります。
現状から言いますと「地域包括ケアシステム」の方向性は素晴らしいと思いますが、現在の介護業界の現実と大きくかい離し、機能するまでには時間と改善が必要になります。
理想だけが先行し、介護事業所や働く介護職員が追い付いていません。

そして一番問題なのが「サービスを受けるご利用者やその家族がこのシステムをほとんど理解(認知)していない」ということです。
自宅でも安心して暮らしていけるのだということがわかれば、いざ介護が必要になったとしても落ち着いて対応ができます。
しかし、訪問介護やデイサービスをはじめとする在宅介護サービスの仕組みもわからない方がまだまだ大勢いらっしゃいます。
地域包括ケアシステムを知っている方など皆無に等しいと思います。

まずはもっと介護保険の仕組みを発信し、施設型介護サービスを含めどのような介護サービスを受けることができるかを理解してもらうことが重要です。

地方部では介護タウンを作れるかがポイント

次に地方部での対策を見てみましょう。
結論から言いますと、地方部では「介護タウン」を作っていくことができるかが重要なポイントなります。

「介護タウン」とは施設型介護サービスを中心とし、病院・在宅介護サービス・住居・商店など生活圏を作ることです。
地方部は土地があり、物価も安く住みやすいですが「人」がいません。先ほど例に出しました秋田県など県外で働く人が60%以上に上ります。
今後も都市への労働力の流出が続くと思います。
それの流れを戻すこと、地域活性化のためにも「介護タウン」は今の日本にマッチしていると思います。

保育園や学校も作ることにより若者世代も住みやすい町になると思います。
ただし、この対策の一番の問題は資金です。広大な土地に介護施設や病院、住居等を作るとなると、一民間企業ではなかなか難しいかと思います。
地方公共団体とタッグを組み、官民で取り組まなければなります。長期的な視点で思い切った政策が期待されます。

繰り返しになりますが、介護は地域格差があり、全国一律で論じることはできません。
今後各市区町村単位での介護政策に移行していきますので、より地域に密接した介護制度の構築が必要になります。

このコラムを書いた専門家に質問できます

松長根 幸治さん
介護経営コンサルタント

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ