JIJICO

田沢 剛さん

弁護士

オリンピック招致不正利益供与問題 日本で本当に開催できる?

2016年5月20日

オリンピック招致で不正な利益供与の疑惑

東京五輪エンブレムは著作権侵害か?判断の行方を占う 2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの招致活動を巡り,日本の招致委員会側がコンサルティング料として支払った相手先企業が,開催地決定に影響力を持つとされる人物の親族と関係しているとして,これが招致のための賄賂だったのではないかという疑惑を招いています。
そこで,これが贈賄として,日本国内で処罰の対象となるかという観点から解説してみます。

 そもそも,日本の刑法で処罰の対象とされている贈賄罪(刑法198条)は,我が国の公務員の職務の公正とこれに対する社会の信頼を保護するために,公務員の収賄罪と合わせて処罰の対象とされているもので,基本的には我が国の公務員に対する利益供与等を処罰するものです。

しかしながら,グローバル社会が進むにつれて,国際商取引の公正さも叫ばれるようになり,OECD(経済協力開発機構)の「国際商取引における外国公務員に対する贈賄の防止に関する条約」が平成11年2月に発効したのを機に,我が国でも不正競争防止法において,「何人も,外国公務員等に対し,国際的な商取引に関して営業上の不正の利益を得るために,その外国公務員等に,その職務に関する行為をさせ若しくはさせないこと,又はその地位を利用して他の外国公務員等にその職務に関する行為をさせ若しくはさせないようにあっせんをさせることを目的として,金銭その他の利益を供与し,又はその申込み若しくは約束をしてはならない。」(同法18条1項)と定め,これに違反する行為に対し,「5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金,又はこれを併科する」(同法21条2項7号)ものとして,処罰の対象としました。

オリンピック憲章に違反していることで開催権取り消しの可能性も

では,日本の招致委員会側が,開催地決定に影響力を持つとされる人物ないし国際オリンピック委員会(IOC)の関係者に不正な利益供与等を行った場合,この不正競争防止法違反という罪に問われるのでしょうか。
結論からいうと,この点は否定されます。
ここで定められている「外国公務員等」の中には,「公的国際機関の公務に従事する者」も列挙されているため(同条2項4号),IOCも国際機関としてこれに該当するものと思われがちですが,実は,IOCは,オリンピック憲章において「国際的な非政府の非営利団体」と定められているとおり,民間の国際機関に過ぎず,公的国際機関ではないのです。
結局のところ,今回の問題について,我が国で贈賄罪ないし不正競争防止法違反といった罪に問うことはできないということになります。

もっとも,オリンピック憲章で定められた「オリンピズムの根本原則」には,「フェアプレーの精神」が掲げられております。
今回の問題がこれに違反するものとして重大視され,オリンピック競技大会の開催権の取消しという最悪の事態にならないことを祈るばかりです。
   

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

田沢 剛さん
弁護士

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「法律」のその他の記事

2018年11月12日 河野 晃さん
弁護士
ベランダ越しの受動喫煙で近所トラブル、悪いのはいつも喫煙者?
マンションなど集合住宅のベランダでの喫煙が、ご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。タバコを吸うこと自体は違法ではないけれど、受動喫煙防止対策が強化される中、喫煙者のモラルやマナーが問われています。
2018年10月8日 中村 有作さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
台風で自宅待機や休業になった場合、その日の分の給料はもらえる?法律のルールを解説
今年は日本各地で災害が多発しました。大雨、強風、地震等の災害が発生して停電となったり各地で相当の損害が発生しました。台風で自宅待機や休業になった場合に、給料はもらえるか?労働法26条の規定を詳しく解説します。
2018年9月26日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと
「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。
2018年9月25日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
ふるさと納税の返礼品の規制より、住民税の税額控除を廃止すべき
「ふるさと納税」の「返礼品」の高額化について法改正で規制をしようという総務省の方針は、住民税の減収になる自治体の問題を残しており、適切なものとは思われず、むしろ住民税の控除を廃止すべき。

テーマ