JIJICO

成澤 紀美さん

社会保険労務士

同一労働・同一賃金問題をどう解決?見習うべきオランダの取組み

2016年5月21日

同一労働・同一賃金問題に対し画期的な判決が注目に

最近「同一労働・同一賃金」が注目されています。
つい先日、定年前から同じ仕事をしているにも関わらず、賃金が下げられたのは労働契約法20条(有期労働者への不合理な労働条件の禁止)違反だとの判決が東京地方裁判所で出され、会社側に訴えた社員それぞれに約100~200万円を支払うよう命じられました。
この判決も、同一労働・同一賃金を裏付けるものとして、今後の労働条件に影響があると考えられます。

同一労働・同一賃金を世界に先駆け実践しているオランダ

この同一労働・同一賃金を世界に先駆けて実践している国がオランダです。
特に非正規雇用であるパートタイム労働者に対する施策を講じています。

オランダでも当初から同一労働・同一賃金がされてきたわけではありません。
この国では、各種労働組合と企業団体の双方が国家レベルで組織化され、諮問機関を通じて協議・協力しながら、労使関係をめぐる団体交渉を行ってきた長い歴史があり、長年働きかけてきた結果として、非正規雇用者の待遇改善がされてきました。

例えば、パートタイム労働者でも失業給付が受けられ、賃金・残業手当や賞与などを正社員と均等な待遇を受ける権利が与えられています。
また労働時間を自分で変更できる権利など、社会の公平性を高め、自由な働き方を進めるべく、法整備が進められてきました。

しかし今でも、パートタイム労働者の職務レベルは高いとはいえず、職務レベルが上になるほど正規雇用者の割合が増えるなど、正規・非正規の格差はいまだにあり、また、非正規労働者は男性よりも女性が多く、正規雇用での男女賃金格差が残るなど、他のヨーロッパ諸国と比較して必ずしも非正規労働者や女性の雇用環境が良いわけではありませんが、参考にすべき点は多くあるでしょう。

日本では女性の労働力を活かしきれていない現状

日本でも、女性の労働力を活かそうと様々な対策が講じられていますが、今ひとつ効果が出ているとは思えません。

大企業では女性を活用すべく、福利厚生面の充実を図り、多様な勤務形態なども充実しています。
一方、多くの中小企業では、女性の労働力を必要としつつも、出産~育児休業を経て復職を希望する女性社員を活かしきれていない状況があります。

育児休業あけの女性社員は、仕事と子育ての両立をしなければならないため、一定期間は短時間勤務や在宅勤務などの勤務形態を取らざるを得ません。
短時間勤務や在宅勤務では責任ある立場に置けないとの理由から、仕事の内容も簡易的なものや補助業務になりがちです。

子どもの急な発熱など、就業中に突然帰宅を求められる事もあり、こういった状況を容認できる環境にないと働きにくくなります。

また育児に専念するため一旦会社を退職し、子どもが手を離れてから再就職を目指すものの、正社員としての求人は非常に少なく、結果として、パートタイムとして就労するしかないという現実も垣間見えます。
そこに、パートタイムであれば配偶者の税扶養の範囲内で働きたいという意識が働き、補助的な業務に携わり一定年収内で働く形につながっていきます。

労働力不足時代の本格的到来前に根本的解決が求められる

本年10月より、パートタイム労働者に対する社会保険の加入要件が拡大され、従業員規模が501人以上企業では、週の所定労働時間が20時間以上、年収106万円以上(月収88,000円以上)、雇用期間が1年以上のパートタイム労働者は、社会保険への加入が義務付けられます。

実際に社会保険の加入を希望するパートタイム労働者は少なく、結果として加入要件内での就労を希望するパートタイム労働者を増やしていく事になるものと想定されます。

同一労働・同一賃金の実現には難題が山積していますが、労働力が不足する時代がくるとされる中、必要な施策であるといえます。
「同一労働」とは何を意味するのか、どういった状態を表すのか、正規・非正規の雇用形態とどのように連動させていくべきなのかを十分に検討していく事が、今、企業に求められています。

このコラムを書いた専門家に質問できます

成澤 紀美さん
社会保険労務士

無料で相談してみる

「経済」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ