JIJICO

沖田 将人さん

獣医師

ペットの犬や猫の老化を知ることの大切さとは?

2016年5月22日

高齢化のチェックで一番重要なのは歯の状態

 犬や猫は食事内容の改善、予防医学、治療技術の発達、飼い主さんの知識の向上により、年々平均寿命も延びてきています。そしてこれにあわせて高齢化による犬、猫の変化もいろいろ現れるようになってきました。

 私たち獣医師が高齢化のチェックとしてよく確認するのは、歯です。これは具体的に言うと歯石がどの程度歯に付着しているかということで、高齢な犬、猫ほど歯石の付着や歯の摩耗、歯肉の後退が目立ってきます。
どんなに元気、食欲があっても、歯が汚い犬、猫は高齢化が進んでいる証であり、またさまざまな病気の原因となりえます。

 歯石が多くつくと人間同様歯周炎が起き始めます。これがさらに進行すると歯の根元が化膿していき、放置すればあごの骨が解けていきます。
これにより頬の部分(眼の下)に膿がたまって、パンパンに腫れ上がることがあります。

また炎症が鼻腔内にまで広がるとくしゃみや鼻汁、鼻出血など鼻炎症状を起こし始めます。
これがさらに進むと歯が抜け落ちた後に口の中と鼻の中がつながってしまい、フードや水を口に入れると、鼻から肺に入り肺炎を起こすよう
になることもあります。
ほかにも歯周炎を放置すると、心不全の原因にもなるといわれています。

ペットのデンタルケアについて

 犬、猫とはいえ、歯磨きなどのデンタルケアは必要であり、できれば主治医の先生に相談して、犬、猫用の歯磨きペースト、歯ブラシなどのデンタルケアセットを紹介してもらうとよいでしょう。

またすでに重度の歯周疾患になっている場合は、歯石除去、抜歯などの全身麻酔下での歯科処置や手術を受ける必要があります。
全身麻酔と聞くと怖い気がするかもしれません。
もちろん高齢での全身麻酔のリスクは0ではありませんが、歯石や歯周病を治療せずに放置するリスクと比較する必要があります。

年を取ればみな歯の手術が必要というわけではありませんが、全身麻酔は怖いからと目を背けず、きちんと向き合うことが、飼い主さんにとって、とても大切な親としての務めだと思います。 

症状が高齢化によるか病気によるかは主治医に相談して処置を

 その他にも年をとると、毛の色が薄くなる(白髪が増える)、脱毛、運動不耐性(少し運動するとすぐ疲れて休む)、運動能力の低下(今まで登り降りできていた段差、棚に上らなくなる)、太りやすくなる、などの人間によく似た変化が現れてきます。

ただしここで気をつけなければいけないのが、これらの変化は高齢化によって起きることもあれば、何らかの病気で現れることもあるということです。
脱毛は様々な皮膚病でも起きる変化です。

運動不耐性は心不全、腎不全、癌など様々な問題で起きる可能性があります。
運動不耐性も関節炎、椎間板ヘルニアなどの病気で起きる症状とよく似ています。
太りやすくなるというのも甲状腺機能低下症、脂質代謝異常などの病気できることもあります。

これらの外観上の変化や、行動の変化はおそらく飼い主さんが見て判断できるものではありません。
きちんと検査を受け、獣医さんに高齢によるものか、病気によるものかを見極めて貰う必要があるのです。
大切なのは「きっと歳のせいに違いない」と勝手に判断せず、主治医の先生に相談し、診てもらうことだと思います。

専門家に相談してみよう!

沖田 将人さん
獣医師

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ