JIJICO

山下 幸子さん

ファイナンシャルプランナー

リタイアまでにどれだけ貯蓄をすれば大丈夫?

2016年5月27日

若い時から計画的に準備することが重要

 人が一生のうちで支出する最も大きな出費として、「住宅資金」「教育資金」「老後資金」が挙げられます。
 これらは「人生の三大資金」といわれており、お金に困らない人生を送るためには、この三大資金を軸にライフプランを練っていく必要があります。

 実際、無計画に高額な住宅ローンを組んでしまったり、子供の教育にお金をかけすぎたために、老後資金を準備できないケースがよく見受けられます。

 人生を左右する資金にバランスよく対応し乗り越えていくためには、なるべく若い時期から計画性を持って準備し決断を下していく必要があるのです。

老後の生活費はいくら必要か?

 生命保険文化センターの調査によると、老後の夫婦二人の最低限の生活費は1か月あたり約22万円、ゆとりある生活費は約35.4万円となっています。

 また、65歳における平均余命から計算すると、男性は84歳、女性は89歳まで生きることになります。
 これらを前提にして、以下の条件で老後の生活費を試算してみましょう。

 (前提条件)
 ・リタイア時の年齢は、夫65歳、妻62歳
 ・夫が84歳まで生きるとして、夫婦二人暮らしの期間は19年
 ・妻が89歳まで生きるとして、妻一人暮らしの期間は8年
 ・夫婦二人暮らしの生活費は、最低限とゆとりのほぼ平均の30万円
 ・妻一人暮らしの生活費は、夫婦二人暮らしの生活費のほぼ7割の20万円

(老後の生活費)
・夫婦二人暮らし 30万円X12か月X19年=6840万円
・妻一人暮らし  20万円X12か月X8年=1920万円
・合計      6840万円+1920万円=8760万円

 総額を計算するとかなりかかることがわかります。
しかし、老後には介護・医療の費用も考えておかなければなりません。

介護費用はいくらかかるか?

 日本人の健康寿命は、男性が71.19歳、女性が74.21歳で、平均寿命と差し引きすると、男性が約9年間、女性なら約13年間なんらかの介護が必要ということになります。

 一方、在宅介護を受ける場合、1か月に必要な介護・医療費用は状態にもよりますが、要介護1で5.4万円、要介護5で10.7万円、全体平均で約7万円となっています。

 従って、トータルの介護費用は次のようになります。
 ・夫  7万円X12か月X9年=756万円
 ・妻  7万円X12か月X13年=1092万円
 ・合計 756万円+1092万円=1848万円

リタイア時の貯蓄はいくら必要か?

 それでは老後の生活費や介護費用などへの備えとしてリタイア時にいくら貯蓄があれば良いのでしょうか。
 結論から申し上げますと、リタイア時の必要貯蓄額は、老後の費用総額と収入総額との差額になります。

 リタイア以降の主な費用や収入には、具体的には次のようなものがあります。
 (数字は試算用であり、各ご家庭により異なります。)

 (費 用)       (金 額)
 ・老後の生活費     8760万円
 ・介護費用       1848万円
 ・住宅ローン残高     600万円
 ・住宅リフォーム費用   500万円
 ・子供の結婚資金他    292万円
 ・費用総額      12000万円
 (収 入)       (金 額)
 ・年金         5000万円
 ・退職金        2000万円
 ・収入総額       7000万円

 仮に上記の数字で試算しますと、リタイア時の必要貯蓄額は、5000万円となります。
 実際に各ご家庭で計算されてみて必要貯蓄額を確保する見通しが立たない場合は、知恵を絞っていろいろと対策を考えなくてはなりません。

 例えば、奥さんに働いてもらうのも一つの方法です。年100万円を20年間貯めると2000万円になります。
また、月5万円節約すると20年で1200万円になります。

「備えあれば憂いなし」ということわざがあります。
どんな老後を過ごしたいか今から夫婦で話し合い、充実したセカンドライフに備えましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

山下 幸子さん
ファイナンシャルプランナー

「お金」のその他の記事

2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?
2017年7月18日 田中 正徳さん
次世代教育プランナー
子供向けのプログラミング教室活況!なぜ今子供にプログラミング?
プログラミングが2020年度から小学校で必修となるということで、すでに習いごと教室では活況を呈しています。論理性が養われるというのも人気の理由ですが、それだけでないプログラミングを学ぶことの恩恵について解説。
2017年7月18日 神野 沙樹さん
社会保険労務士
使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?
働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ