JIJICO

安藤 ゆかりさん

研修講師・キャリアコンサルタント

管理職を避けて働く人が、40代から払う「ツケ」

2016年6月8日

管理職を目指さない若者が増加傾向に

若者から40代の働き盛りに至るまで、こんなセリフを言う人が大変多くなっています。
「自分は、与えられた仕事は真面目にコツコツやり通すが、他の人を管理するような立場の仕事はしたくない。前職も、それを求められるようになったから辞めた」

このような人は大抵が、自宅から50分以内の通勤圏内で、残業があまり無く、土日祝日の休みが通常であるような職場を希望されます。
昇給や高給は求めないが、退職金や福利厚生の手厚さは、会社を選ぶ上で重要なポイントだと言い、「自分の適職がよく分からないんです」と締めくくります。しかしこの人が「適職」を見つけることはできるでしょうか?

40代で誰にでも出来る仕事しか出来ない人は会社に居辛くなる

業種を問わず会社組織での働き方は、大きく次のように分類できます:
①高度な技術や知識を必要としない単純労働
②ある程度高度な技術や知識、資格を必要とする専門職
③特定の資格や免許がなければ行えない独占業務
④現場スタッフと経営者の間に位置して、スタッフのモチベーション維持と円滑な業務遂行を管理する、中間管理職
⑤より経営者に近い立場から、会社の長期的な利益を計画し実行する、上級管理職
⑥取締役以上の役員

①から③までは、上から指示された仕事を実行する現場の仕事と言えます。
④は様々な段階があり、「現場リーダー」から始まるイメージでしょうか。
リーダーくらいならしてもいいが、「主任」レベルからはもう嫌だ!と言う人が増えます。

さらに「係長」「課長」あたりまでが中間管理職ですが、これら役職の先輩を見ていて、精神的、肉体的にきつい割りに見返りは小さいと思うようです。
だったら自分は、少しくらい給与が上がるよりも、気楽に働く方がいいや、というわけです。

もしこの人が③の業務をしているならば、そのまま定年まで働く可能性はあります。
しかし①や②の業務の人は、40代後半に入るあたりから、より若く、やる気も新しい知識もあり、仕事の早い人と競争することになります。
会社は、ただ長くいるからという理由であなたを優遇しません。
会社に利益をもたらす人が欲しいのです。

年齢が上がれば、あなたにしか出来ない仕事をするか、または誰にも真似できないほど高いレベルの仕事をするか、そうでなければ何かの「管理職」をするのが、組織の中で働き続けるための選択肢です。

そのいずれも出来ない人は、組織にとって「貢献してくれない人」です。
そのような人を雇い続ける理由はありません。
遅かれ早かれこの人は、会社を去るしかなくなるでしょう。

厳しい職業人生を選びたくない人こそ中間管理職を目指すべき

中高年になってからこのような状況で転職をすると、新しい仕事に就くのは至難の業です。
「私はこれが出来ます!」とアピールするものが何もありません。
管理の仕事はしたくありません。
でも年齢は○○才です。・・・あなたならば、この人を雇い入れますか?
実際に、数十社に応募しても採用されない40代後半~50代の男性は想像以上に多く、やむを得ず半年契約や嘱託で働くことになりますが、その先はさらに厳しい状況が待っています。

あまり厳しい職業人生を選びたくないと思う人こそ、中間管理職にチャレンジするべきです。
管理職は確かに責任や気苦労も増えますが、それも自分のやり方次第。
やり易いように仕向けることが管理の仕事そのものなのです。

それに管理的な仕事をすると、それまでとは違う視点から仕事を見ることになり、新しい面白さや、やりがいに気づくことも多々あります。
自分に出来る仕事の幅を広げて、安定した職業と生活を築きましょう!

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

安藤 ゆかりさん
研修講師・キャリアコンサルタント

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「ビジネス」のその他の記事

2019年6月21日 待谷忠孝さん
経営コンサルタント
中小企業は儲かる市場を狙っていけない
規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?
2019年5月30日 酒井翔平さん
転職支援エージェント
会社と結婚するな、職能と結婚せよ
年功序列や終身雇用は成り立たなくなることが予想されます。会社に依存せず、自分にとって武器になるスキルを身につけることがこれからは必要。
2019年5月5日 岡部 眞明さん
経営コンサルタント
働き方改革が国を滅ぼす?中小企業がすべきことは
少子高齢化から人口減少社会に突入した日本。経済活動の縮小が懸念されるなか、働き方改革が人手不足に追い討ちをかけるかのように施行されました。こんなときこそチャンス!社員の心を動かせば・・・。
2019年4月24日 桑山裕史さん
結婚相談所
統計データに惑わされずに“シニア目線のニーズ”を掴む
シニアビジネスというと、数字的な市場の大きさに着目した言及が目立ちます。しかしながら『シニアが、何を望んでいるか』といったニーズを私たちは本当に理解できているのでしょうか。 多くのシニアと対面したからこそ理解できた“シニアの消費意欲”を具体的事例で紹介すると共に、真のニーズ理解の重要性について解説します。

テーマ