JIJICO

福岡里紗さん

キャンドル、アロマ、カラー、フラワーアレンジメント教室主宰・講師

ストレス対策やリフレッシュ効果だけでないアロマの力

2016年6月14日

ストレス軽減やリフレッシュ効果だけでないアロマ

最近、店舗や医療施設、仕事場などにアロマテラピーを導入する事例が増えてきました。
目的はアロマ(正しくはエッセンシャルオイル・精油)によるストレス軽減やリフレッシュ効果などですが、実はアロマの効果はそれだけではありません。

人間にとって大切な免疫力を強化し早い段階で病気を察知したり、免疫力の促進、認知症予防、空間そのものの浄化や、楽しい妊婦ライフ、そして香育など、まさに人間の一生を共にするナチュラルライフのパートナーとして期待されているのです。

現在「アロマ」と呼ばれる植物の香り・芳香成分ですが、歴史は古く、紀元前から聖なるものとして宗教儀式などに使われてきました。
特に11世紀に誕生した、植物から芳香成分を抽出した「アロマ」は中世に伝染病が大流行した際に、その薬効が注目されるようになり、主にヨーロッパで生活に根差した家庭の常備薬的なものとして使用されてきました。

現在では、人間の身体の不調を緩和するだけではなく、菌や真菌=カビ類を抑制する働きや、精神・感情に作用して高揚・鎮静させたりセクシャリティを促す働きなどもあることがわかっています。

自分にあったアロマ選びは?

このように多くの働きのあるアロマですが、一体どのように選べばいいのでしょうか。
アロマセミナーなどで一番多い質問が「自分にあう香りはどれなのか」「それによって自分がどう変わるのか」。

それにはひとつひとつのアロマの心身に与える働きを様々な角度からみていかなければなりません。
が、一つ言えるのは「その時嗅ぎたいと思う香り」「自分の好きな香り」が自分の本来持って生まれた気質やその時の健康状態を表わしていることが実に多いということです。

私のアロマスクールを例にとると、例えば、風邪をひきかけている時、疲れがたまっている時は「免疫力を上げるアロマ」ティートリーやラベンダー、ゼラニウムなどを、自分の好みに関係なく無意識に選んでいる方が多かったりします。

またアロマには相反する作用が介在する場合も多く、たとえば「ブラックペッパーの香りが気になる」時は「胃腸が弱っている」場合と、「食欲旺盛過ぎてダイエットが必要」な場合の両方に効果があります。
「オレンジ」にはリフレッシュさせ、気持ちを明るくする働きと同時に、リラックスさせ眠りをさそう働きもあります。
選ぶアロマで初めて自分の体調に気づき、未病の発見につながる場合も少なくないのです。

なぜこのように人間の心身にアロマが影響を与えるのか。
それは「香り」というものが「大脳辺縁系」という原始脳に直接伝達されると、すぐ下にある視床下部が反応し、自律神経や呼吸など体内環境のバランスを保つように動くからなのです。

アロマの選び方次第で体にとってマイナスに働く可能性がある

そのため「アロマの選び方」「使用の仕方」には事前の知識が必要です。
使い方によってはマイナスに働く可能性があり、特に、妊婦さんや幼児、高齢者、療養中の人のアロマの使用には制限があります。

たとえば妊婦さんは、安定するまでは子宮を収縮する働きのあるラベンダーやローズなどは避け、柑橘系(リラックス&リフレッシュ、食欲コントロール) ティートリー・ユーカリ(呼吸器系・免疫系・空気清浄効果)をお勧めします。
一説にはお母さんが嗅いだ香りはお腹の赤ちゃんにも伝わっていて、生まれてから「お母さんの香り」として認識している例もあるそうですよ。
「ゆりかごから墓場まで」寄り添ってくれるアロマを有効に使うためにも、事前に専門家などに確認することをお勧めします。

専門家に相談してみよう!

福岡里紗さん
キャンドル、アロマ、カラー、フラワーアレンジメント教室主宰・講師

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。
2017年8月13日 金子 清隆さん
ITコンサルタント セキュリティコンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
ビットコインの分裂と仮想通貨の今後
ビットコイン分裂は分権的な仮想通貨の課題を提示しました。テクノロジーが注目される仮想通貨も内部崩壊の危機があります。

テーマ