JIJICO

大崎 清美さん

心理カウンセラー

親から子へ 虐待のスパイラルはどうしたら止められる

2016年6月24日

正しい子供の育て方がわからない親は多い

毎日のように、子供・保護者に触れていると、子供よりむしろお母さんのほうが気になることが多いように感じます。

もちろん、最初は子供のことで話をしていくのですが、絡まった紐を一つ一つ解くように話を進めていくとお母さんの成育歴に行きつくことがよくあります。
お母さんが話をしていく中でそのことに気づき、子供の悩みの原因が自分の成育歴にあるとわかり、堰を切ったかのように号泣することもよくあります。

自分が子供の頃、厳しく育てられ、時にはしつけという名の虐待をされていた。
今、自分も同じことを子供にしている。
子供に手をかけるのがいけないこととわかっていても止められない。
そもそも誰からも教えてもらっていないので、正しい子供の育て方がわからない。
一般的にはこのように悩んでいるお母さんが多いのではないでしょうか?

虐待されて育つとしつけと称して虐待してしまいがちに

虐待と言う言葉がここ数年でクローズアップされています。
自分の育ってきた環境を振り返ると、「あぁ!今で言う虐待をされていたんだ」と振り返るお母さんもたくさんいます。
しつけと言う言葉で、今まではすまされ、手を挙げられるのも普通にされてきたのだと想います。
そのような環境で育ってきて母親になった今、子供とどう向き合ったら良いのか、褒め方、叱り方がわからないようです。

ここのところ、3歳の子供の虐待事件が多いように思えます。
これには理由があって、3歳というのは自我が出てきて、一番親の言うことを聞かない年齢なのです。
親が若くして子供をつくり、また本人も小さいころ両親からしつけという名の虐待を受けていた場合、生まれてきた子供が3歳になり自我が出て来て自分の言うことを聞かないときに、同じようにしつけと称して虐待をしてしまうのです。
死亡事件になっていないだけで、このような虐待を受けている子供たちがたくさんいると私は確信しています。

周りの大人一人ひとりが子供を救済する役割がある

行政もあらゆる機関で取り組んでいるのだと想いますが、やはり仕事が縦割りで縛りもあるということで、とてももどかしく感じます。
行政での会議のなかで「よくあることだから」そんな言葉を耳にしたことがあります。私は耳を疑いました。
行政も民間も関係なく、周りにいる大人たちが一人の人間として、自分で何もできない子供たちを救済する役割、責任があるのだと強く想っています。

以前テレビで、子供が入るシェルターの様子が紹介されていました。
そこで未成年の子供が「家には帰りたくない」「自分も将来親になったら、子どもに同じ事をしそうだ」と話していました。
それを聴いていて、胸が苦しくなりました。

虐待された子供が親になり、またその子供を虐待する負のスパイラル。
いつ止まるのでしょうか?
とても重要なことなのに、学校でも教えてもらえないのは非常に問題があると想います。
対症療法ではなく根本の解決策を考えていかないと、悲劇は繰り返されることになるでしょう。

専門家に相談してみよう!

大崎 清美さん
心理カウンセラー

この専門家について

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2017年8月20日 神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
減らない高齢者を狙う特殊詐欺!被害防止の方法は?
被害の7割を高齢者が占める特殊詐欺。社会弱者を標的にする卑劣な犯罪は、年をを追うごとに増え続けています。私たちにできる防止策はあるのでしょうか?
2017年8月19日 加藤 哲也さん
塾講師、大学受験ストラテジスト
解決!アスクミー JIJICO
大学進学率が過去最高に 大学選びを後悔しないためにすべきこととは?
進学率が増加しても、大学選びは「大学で何を学びたいか」が最も大切。試験勉強と同時に、最新のトレンドに注視し人気傾向を知ることが重要です。
2017年8月18日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
18歳成人法案国会提出へ 問題は無いのか?
成人を18歳に引き下げる民法改正案が出される見込み。未成年者として保護される年齢が引き下げられ、若者の負担や危険が大きくなりかねない懸念も。
2017年8月17日 早川 弘太さん
健康コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
健康食品やトクホで健康トラブル!?健康食品の適切な摂取について
「健康のために」摂取していた健康食品で実は自分のカラダが害されていたら…そんなことが現実におこっています。注意したい点をご紹介します。
2017年8月16日 山王 裕之さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
劣悪な労働環境のアニメ業界 どのようにすれば改善できるか?
アニメ業界の劣悪な労働環境が問題になっています。何が問題なのか、改善するにはどうすれば良いのか、労務管理のプロが解説します。
2017年8月16日 影山 正伸さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
政府主導の「休み方改革」は定着するか?
政府が休み方改革に乗り出すと発表しました。キッズウィークなどを創設して有給休暇の取得促進を図っていきたい考えですが、果たして定着するのでしょうか?
2017年8月15日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
嫌われる人の余計な一言 知らないうちにあなたも言っていませんか?
嫌われる人に多い「余計な一言」ですが、本人はあまり自覚しないで使っていることが多いようです。どのようなコミュニケーションを心がければ良いのでしょうか?
2017年8月14日 及川 寛太さん
内科医
解決!アスクミー JIJICO
良質な睡眠を妨げるお酒の飲み過ぎ お酒と睡眠の適切な関係は?
良質の睡眠を得るために、飲酒は適量であれば良いでしょう。しかし、適量にとどまらないのであれば、むしろ良質な睡眠どころか体に不調をきたす原因に。

テーマ