JIJICO

大崎 清美さん

心理カウンセラー

親から子へ 虐待のスパイラルはどうしたら止められる

2016年6月24日

正しい子供の育て方がわからない親は多い

毎日のように、子供・保護者に触れていると、子供よりむしろお母さんのほうが気になることが多いように感じます。

もちろん、最初は子供のことで話をしていくのですが、絡まった紐を一つ一つ解くように話を進めていくとお母さんの成育歴に行きつくことがよくあります。
お母さんが話をしていく中でそのことに気づき、子供の悩みの原因が自分の成育歴にあるとわかり、堰を切ったかのように号泣することもよくあります。

自分が子供の頃、厳しく育てられ、時にはしつけという名の虐待をされていた。
今、自分も同じことを子供にしている。
子供に手をかけるのがいけないこととわかっていても止められない。
そもそも誰からも教えてもらっていないので、正しい子供の育て方がわからない。
一般的にはこのように悩んでいるお母さんが多いのではないでしょうか?

虐待されて育つとしつけと称して虐待してしまいがちに

虐待と言う言葉がここ数年でクローズアップされています。
自分の育ってきた環境を振り返ると、「あぁ!今で言う虐待をされていたんだ」と振り返るお母さんもたくさんいます。
しつけと言う言葉で、今まではすまされ、手を挙げられるのも普通にされてきたのだと想います。
そのような環境で育ってきて母親になった今、子供とどう向き合ったら良いのか、褒め方、叱り方がわからないようです。

ここのところ、3歳の子供の虐待事件が多いように思えます。
これには理由があって、3歳というのは自我が出てきて、一番親の言うことを聞かない年齢なのです。
親が若くして子供をつくり、また本人も小さいころ両親からしつけという名の虐待を受けていた場合、生まれてきた子供が3歳になり自我が出て来て自分の言うことを聞かないときに、同じようにしつけと称して虐待をしてしまうのです。
死亡事件になっていないだけで、このような虐待を受けている子供たちがたくさんいると私は確信しています。

周りの大人一人ひとりが子供を救済する役割がある

行政もあらゆる機関で取り組んでいるのだと想いますが、やはり仕事が縦割りで縛りもあるということで、とてももどかしく感じます。
行政での会議のなかで「よくあることだから」そんな言葉を耳にしたことがあります。私は耳を疑いました。
行政も民間も関係なく、周りにいる大人たちが一人の人間として、自分で何もできない子供たちを救済する役割、責任があるのだと強く想っています。

以前テレビで、子供が入るシェルターの様子が紹介されていました。
そこで未成年の子供が「家には帰りたくない」「自分も将来親になったら、子どもに同じ事をしそうだ」と話していました。
それを聴いていて、胸が苦しくなりました。

虐待された子供が親になり、またその子供を虐待する負のスパイラル。
いつ止まるのでしょうか?
とても重要なことなのに、学校でも教えてもらえないのは非常に問題があると想います。
対症療法ではなく根本の解決策を考えていかないと、悲劇は繰り返されることになるでしょう。

\ この記事をシェアしよう! /

専門家に相談してみよう!

大崎 清美さん
心理カウンセラー

この専門家について

執筆記事一覧

関連記事&スポンサーリンク

最新記事や今おすすめ記事をお届けします。
解決!アスクミー JIJICOメルマガ

>今すぐ登録する!

「くらし」のその他の記事

2019年6月14日 笠原拓さん
システム開発者
インターネット上の情報の取捨選択はどうすれば良いのか?
インターネット上で情報が溢れる時代に本当に必要な情報を取得するには?求められるITリテラシーとは何か。システムエンジニア出身が教えます。
2019年6月8日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?
美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。
2019年5月1日 半田 望さん
弁護士
「働き方改革」で病気の治療と仕事の両立は実現できるか?
労働者人口の減少や労働構造の変化により、将来的な労働力の不足が懸念される中、政府は「働き方改革」の実現に向けて各種の施策を打ち出しています。その中には、病気の治療でフルタイムの勤務は困難だが、時間短縮や在宅勤務などのフレキシブルな働き方のニーズを実現することも含まれていますが、まだまだ課題は残されています。今回は政府の「働き方改革」における仕事と病気の治療との両立が実現できるのか、について考えます。
2019年4月30日 青柳 雅也さん
心理カウンセラー
五月病にならないために気を付けるべきこととは?
今年のゴールデンウイークは10連休というかつてないほどの長い休みになります。ゴールデンウイーク明けに起こりやすい五月病ですが、例年より長い分、その発生を危惧する声も上がっています。五月病というのはどういう状態で起こるのでしょうか。また五月病にならないために気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

テーマ