JIJICO

久保 逸郎さん

ファイナンシャルプランナー(FP)

英国EU離脱!金融不安が予測される時の資産運用について

2016年7月8日

英国EU離脱で早くも日本に大きな影響

872b487c7a5f222aa3d71739bb076799_m6月23日に英国でEU残留か離脱かを問う国民投票が行われ、事前の大方の予想に反して、離脱を支持する得票が残留を上回りました。
これを受けてキャメロン首相は辞任を表明し、現在は次の首相選びに注目が集まっているところです。

今回の国民投票の結果を受けて、一時的に世界的にリスクオフのムードが高まって、為替は一時1ドル99円台まで円高が進み、日経平均株価も前日比1286円安の1万4952円になるなど株価は大きく下落しました。

今後については、今回の国民投票の結果を受けて、英国がEU離脱の手続きに入っても2年間の移行期間があります。
2年間の移行期間の間に、関税のことなどさまざまな事が決められていきます。
EU離脱の前例が無いので見通すことは難しいのですが、スコットランドの独立運動の再燃などが再び発生しないか、それにスイスやノルウェーなどのようにEUと適当な距離を保ちながら、英国が独自性を保つことができる形になるかという点が注目されるところです。

投資家が最も嫌うのは不透明感

投資家が最も嫌うのは不透明感ですから、新しい枠組みが固まるまでは積極的に動きづらい環境が続くと思います。

それに市場には『小回り三月、大回り三年』という格言があります。
これは相場の動きというものは、長期的には三年で、中期的には三ヶ月で山と谷を作るということを指しています。
2013年~2015年にかけては世界的に市況がよかったため、「そろそろ下がるのではないか」という不安心理が高まっているタイミングでした。
そのタイミングで英国がEU離脱を選択してしまいました。
当面は軟調な相場が続くと考えておいたほうがよいかもしれません。

長期間の投資を行う前提で、割安感が出ている銘柄を探す

このような投資環境の中、短期的な投資で収益を上げていくことは容易ではありません。
基本的には先進国を中心に成長率も下がっていますので、投資家は同じ収益を得ようと思ったら、これまでよりも時間をかけることが求められています。
株式投資などでは長期間の投資を行う前提で、割安感が出ている銘柄を探していくことが必要になってくると思います。

しかも、英国の問題だけではなく、中国経済の成長率低下や米国の景気後退懸念、中東や北朝鮮などの地政学リスクなど、さまざまなリスク要因が残されています。
豊富な原油マネーが減少して世界的に長期投資資金が減りつつある状況でもあるので、しばらくはボラティリティ(価格変動)の大きな状況が続くと思います。

投資時期と投資対象の分散でリスクを軽減する

このようなタイミングでは一度に投資をしないことが大切です。
積立投資を使って毎月一定額を投資していくことや、または季節ごとや半年ごとに一定のタイミングで追加投資をしながら3~4年かけて投資を行って、投資時期を分散させましょう。

さらに下落リスクを低減するために、これまで以上に幅広い投資対象に分散投資を行うことも求められます。
とくに日本の投資家はしっかりと分散投資ができている人は少ないですから、この機会に改めて分散投資について考えたほうがよいと思います。

それと資産の流動性リスクには気をつけてください。
これは資産規模が小さいものを投資対象にしていると価格が急落することがあるので、小さい市場規模の資産に集中投資を行うことは避けるということです。
例えばマイナス金利の環境下で、利回りを求めてJ-REITなどに資金が集まり過ぎている兆しがあります。
価格が下がり出した場合は急速な動きになることがあるため、市場の動向を注視しておくことを心がけてください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

久保 逸郎さん
ファイナンシャルプランナー(FP)

無料で相談してみる

「ビジネス」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ