JIJICO

田村 敏明さん

ThinkBuzanマインドマップ公認インストラクター

外国人「単純労働者」が解禁されるとどうなる?

2016年7月9日

「単純労働者」とはどのような労働者のことを指すのでしょうか?

自民党がまとめた労働政策に関する提言案は、原則として学者や技術者などの「高度人材」しか認めてこなかった現状を改め、単純労働者の受け入れを容認するよう求めています。
自民党の提言における「単純労働者」は、専門的・技術的分野の労働者以外の労働者を指しており、いわゆる肉体労働者とは限らないことに注意すべきです。
今回の提言における「単純労働者」は、専門的・技術的分野以外の就労目的の在留資格を与えることで入国できる労働者のことであり、在留期間については当面 5 年間と限定されています。
いわゆる移民は、何らかの事由で入国の時点でいわゆる永住権を認められた外国人を指しますので、今回の「単純労働者」の議論と混同してはいけません。

「単純労働者」を受け入れるとどういう問題が発生するのでしょうか?

欧米での外国人労働者の受入れに関して社会的な混乱が発生していることをみれば、海外からの労働者の受け入れが大きな困難を伴うことは明らかです。
労働のチャンスが減って日本人の失業率が増加する可能性があります。
また、健康保険、失業保険及び年金、さらに移民の子供の教育などの費用負担が増加すると考えられます。

さらに、移民の住居場所は大きな社会問題となる可能性があります。
同一民族は相互に助け合うために一定の地域に集中する傾向があるため、長期的には移民村のようなコミュニティーが形成されることになります。
周辺の地域住民とのコミュニケーションが良好でない場合、その地域が孤立して排他的になるリスクがあり、現在英国で増加しているヘイトクライム(人種差別)が我が国でも起きる可能性があります。

移民受入れ先進国はどのような対応を取って来たのでしょうか?

例えばアメリカのニューヨークは、人種の坩堝(るつぼ)と言われるほど、世界中から移民が集まって暮らしています。
移民が就きやすい職業としては、タクシードライバー、土木工事等の現場作業員、高級集合住宅のドアマン(警備員)やコンシェルジュ、中流以下のレストランのウェイター・ウェイトレス、移動屋台(ホットドック、Tシャツ、観光土産等)の販売員、ホテルの客室清掃員、ピザ等のデリバリーのドライバーなどがあります。

すべての移民が合法ということはあり得ず、不法移民は当然社会問題となっています。
しかし不法移民を摘発して母国に強制送還するという話はあまり聞きません。
低賃金で働いてくれる労働者は、たとえ不法移民であっても社会としては不可欠であるということなのでしょう。
我が国において、在留期間が切れた外国人労働者がその後不法滞在をしないという保証はありません。

日本はどうすべきでしょうか?

現在の外国人労働者数は90.8 万人と言われています。
自民党の提言はこれを倍増しても対応できる制度を構築するべきとしていますので、さらに90万人の受入れを予定していることになります。
雇用労働者としての適正な管理を行うために、留学や資格取得等の配慮も含めて就労目的の在留資格を付与するとしていますので、おそらく経済連携協定に基づくインドネシア、フィリピン及びベトナムから看護師候補者・介護福祉士候補者の受入れに似た制度を想定しているのではないかと思われます。

しかし、提言で例示されている労働力が不足する業種は、介護、農業、旅館・ホテル等の業種です。
介護以外は専門的な知識や経験及びコミュニケーション能力はあまり必要とされない業種であり、上記の「留学や資格取得」の必要性は乏しいように思います。
自民党の提言では、「受入枠の設定については、その設定職種が細かくなりすぎないよう留意する」としていますが、現実的な対応としては業種区分を明確にして受入枠を設定しなければ、事実上の労働市場の開放となってしまいます。
慎重な議論を重ねたうえで、対応していくことが必要であると思います。

このコラムを書いた専門家に質問できます

田村 敏明さん
ThinkBuzanマインドマップ公認インストラクター

「経済」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ