JIJICO

西尾 浩良さん

心理カウンセラー

日常生活でのストレスが命を奪うことも 「キラーストレス」とは?

2016年7月12日

人を死に至らしめるキラーストレスとは?

近年、うつ病や自律神経失調症などの「心の病気」は広く認知されるようになり、それらを発症する大きな要因の一つが「ストレス」であることをご存知の方も多いでしょう。

この「ストレス」が「心の病気」の発症要因になるだけでなく、複数のストレス要因を同時に抱え続けることで、生命の危機にもなりかねない「キラーストレス」の発生を引き起こすことが、NHKの特別番組で放映され話題になっています。

「キラーストレス」とは、その名の通り「人を死に至らしめる程危険なストレスホルモン」のことで、人がストレスを受けた時に副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが、継続して大量に分泌され続けると「キラーストレス」に変化し身体に様々な不調を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあるというもので、過剰な精神的・身体的ストレスが継続することで起こる突然死も「キラーストレス」と無縁ではないでしょう。

ストレスは体の様々な器官に悪影響を及ぼす

人は「ストレス」を感じることで自律神経バランスの乱れを起こします、自律神経の内の「交感神経」が働くことで、体の様々な器官に影響を及ぼすのです。
例えば心臓に関しては脈拍数が増加し、血管は収縮します、胃や腸の機能は低下して吐き気や腹痛を起こしますし、肺は気道開放と言って開いた状態になり息苦しさや過呼吸などが起こります、
また「ストレス」を感じると免疫細胞の機能が低下し、風邪をひきやすくなったり、がん細胞に対する抵抗力が低下したり、感染症を発症しやすくなったりもします。

脈拍数の増加と血管の収縮が同時に起これば血圧は上昇します、これは心臓に多大な負担をかけることになり、この状態が長く続けば心不全や心臓発作に至る可能性もありますし、血管に強い圧力がかかり続ければ動脈硬化の原因にもなります、脳の血管でこれが起これば脳出血の可能性も否定できないでしょう。

ストレスが原因のパニック発作とキラーストレスの違い

心の病気の中に「パニック障害」と呼ばれるものがあります、これは予期せぬパニック発作(激しい動悸・呼吸困難・発汗・めまい・震え・等)が起こり、このまま死んでしまうのではないかという恐怖感が脳に学習され、発作に対する恐怖感や不安感が起こるようになり、それがストレスとなって新たな発作を誘発するという症状です。

このパニック発作は、日々のストレス・その日の体調・状況などが絡み合い、自律神経のバランスが崩れ、体の器官に対して爆発的に症状が出た状態で、本人としては死を感じるほどの痛み・苦しさ・恐怖を感じますが、多くの場合は10分から長くても1時間以内に治まり、その後検査をしても身体的な異常は観られないと診断されます。

「キラーストレス」が発生している状態は、症状はパニック発作よりも緩やかですが、この様な状態が慢性的なストレスによって長期間継続している状態なのです。

通常パニック発作で命を落とすことはありえません。しかし「キラーストレス」によって心拍数の増加や血管の収縮からくる高血圧などが長期間継続すれば、心不全・動脈硬化などの症状を誘発する可能性も否定できません。

キラーストレスから自分を守るためには?

NHKの放送内では、一年間に起こったライフイベントをチェックすることでストレスの蓄積を測り、「キラーストレス」に対する危険度をチェックする方法を紹介していました。
これは有効な方法ですが、ライフイベントは意識して避けることの出来ないものも多くありライフイベントそのものを変えていくことも困難です。

大切なことはストレスフルな状態を長引かせないことです。
趣味や運動など気分を切り替える手段を多く持つこと、また同じライフイベントを経験しても掛かるストレスの大きさには個人差があります。
日常生活を送るなかで、様々な出来事に遭遇しますがそれを抱え込まず、うまく他者にお願いすることや時には勇気をもって断ることが出来る人はストレスを慢性化させることはないでしょう。

ストレスを感じずに生活をすることは不可能ですが、ストレスと上手く付き合っていくことで「キラーストレス」から自分を守ることが出来るはずです。

このコラムを書いた専門家に質問できます

西尾 浩良さん
心理カウンセラー

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ