JIJICO

浪越 あゆみさん

日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーターTM キッズアンガーマネジメントインストラクター

怒ることで生まれるストレスを減らすアンガーマネジメントとは?

2016年7月13日

アンガーマネジメントの効果でストレスを減らすことに成功

75927f5e1d44793b34c666e9bb9d4601_m私は普段、マナー講師として人に伝える仕事をしています。人に何かを伝えるという事は、自分自身がその事を納得し、それを誰かに伝えたい・教えたいと思う感情が生まれないと、上手く相手に伝わらないと思っています。

私が、アンガーマネジメントファシリテーターになったのは、私自身が、このアンガーマネジメントの効果を実感出来たからです。
このアンガーマネジメントに出会ってから、怒る事に対してのストレスが確実に減りました。
自分自身が効果を実感出来たからこそ、このアンガーマネジメントを多くの方に伝えたいと思ったのです。
今、自分自身のイライラや怒りの感情でストレスを感じている方、怒ってばかりの自分に嫌気がさしている方に是非お伝えしたいと思い、今回記事を書かせて頂いています。

怒りの根底にある自分の考えが一番正しいという思いこみ

私は、2人の小学生の子供を持つ母です。
子育てをしていると、楽しい事や、子供達の成長を楽しめる事も沢山あります。
しかし「楽しい。幸せ。」と感じる事ばかりではない事も事実です。

子育ては、どうしてこんなにも、期待を裏切られるのだろう、思い通りに子供は動いてくれないのだろう、どうしてこの子は他の子供みたいに、じっと座ってレッスンを受けてくれないのだろう、何故、いつも先生に怒られるのだろう…等考えてしまう事があります。
子供のそういった行動を、全て子供のせいにして、「何故怒らせることばかりするの!!どうして言う事聞かないの!!あぁしなさい!!こうしなさい!!」など、気が付いたら、自分の中にあるレールの上に子供を誘導しようとしている事はありませんか?

そんな子育ての思いがある中、私は、1人1人自分の「べき」を持っている事を、アンガーマネジメントで学びました。
「先生だったらこうするべき」「子供だったら親の言う事を聞くべき」「夫だったら言わなくても理解するべき」など、私達は心の中にこの「べき」を沢山作り上げています。
そして、この自分の「べき」が正しいと思い込んでいるのです。そうです。私達は、自分の思っている事・行動が一番正しいと思っているのかもしれません。
だから、目の前でこの「べき」を裏切られた時、「普通はこうするでしょう!!」という風に怒りの感情が芽生えてくるのです。

先程の子育ての話しを考えてみると、親の心の中には、「きちんとするべき」という恐ろしい「べき」を持っているのです。
子供の「べき」もある事なんて考えもせず、自分の「べき」が正しいと思い込んで、子供は間違っていると決めつけていたのです。

アンガーマネジメントを学ぶと、自分の「べき」と他人の「べき」の違いを知る事が出来ます。
自分と他人は違う「べき」を持っている事を知り、相手を思いやる気持ちのゆとりが出てきます。
その結果、怒りを抑える事が出来るのです。

アンガーマネジメントを学び怒りと上手に付き合う

子育てをしていると、時には、子供を感情的に怒ってしまい後から後悔してしまったり、怒った後の脱力感を感じる事があります。
クレームのお客様に対して怒りをぶつけてしまったり、言葉に表せない程のストレスを感じてしまったり、上司や先輩・または後輩の態度に対してイライラしてしまったり、自分に余裕がなくなると、つい自分より立場が弱い方へイライラをぶつけてしまったり・・・私達の身の回りにはこの怒り・イライラ・ストレスという言葉が隣り合わせだという事を感じていませんか?
この怒りやイライラは大人に限らず、子供も同じように感じています。
私達ファシリテーターは、このような怒りやイライラと上手に付き合う方法を皆様にお伝えしていきます。

毎日のように、悲しすぎる事件が起きています。
イラッとして刺した、恨みを持っていて刺した・・・等、毎日日常的に怒りが原因となった事件が異常に多発していると感じませんか?
私は、そんな事件を見るたびに、このアンガーマネジメントをもっと広める事が出来たら、事件が減るのではないかとも思っています。
怒りの連鎖を断ち切る方法を1人でも多くの方に学んで頂き、怒りと上手に付き合う方法をお伝えしたいという思いで活動をしております。

今日ご紹介した「べき」の違いは、アンガーマネジメントの序章に過ぎません。
自分自身のイライラや怒り・周りのイライラや怒りに気持ちが落ち着かない方は、是非このアンがーマネジメントを学んで頂き、少しでも怒りに対するストレスをなくしていきましょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

浪越 あゆみさん
日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーターTM キッズアンガーマネジメントインストラクター

「くらし」のその他の記事

2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ