JIJICO

加藤 豊さん

不動産コンサルタント

東京上空の空き地を利用して新しい街づくり

2016年7月17日

とうとう東京も“上”に伸び始めた

c26a9afbf4b76eacf7ca04eb1ee21fa5_m国交省が6月13日にホテル用地の容積率(=建物の延べ床面積÷敷地面積)を緩和するよう各地方自治体に通知、24日には東京都が「原則として容積率を最大300%上乗せする」という運用基準を発表しました。

かみ砕いていうと、高層ホテルが立てやすくなり、「上空の土地」を活用する方向に動きだしたのです。

都心部の人口密度は低い 上空という空き地

「東京は人が多いから人口密度が高い」一般的にはこんなイメージがあるでしょう。
しかし、それは昼間人口の話で、夜になると東京は人口密度が一気に減るのです。

実際に利用されている容積率は、都心4区(千代田区・港区・中央区・新宿区)や山手線内でも200%~400%の範囲に収まります。
山手線内と同程度の面積であるマンハッタン(ニューヨーク)では平均1,500%もの容積率が利用されていることを考えると、東京はもともと夜間に人が泊まる部屋が圧倒的に足りないと分かるでしょう。

人口密度で比較しても、都心4区で1万人/km2程度であるのに対し、マンハッタンでは2.5万人/km2もあります。
これを是正する鍵は「上」にあります。
「東京は住宅が密集していてこれ以上土地がない」という声もありますが、上空を見つめれば“空き地”はあり余っているのです。

国際都市化に向けて避けて通れない「容積率の緩和」

マンハッタンには、タイムズスクエアやメトロポリタン美術館、ロックフェラーセンターなどさまざまな施設が集積しています。
そのことが街の魅力を最大限発揮し、外から人やカネを引き込んでいるのです。

一方、日本は容積率に縛られ思うように上空を有効活用できていません。
そもそも都市計画に基づいて用途地域ごとに指定されている日本の容積率について、その数値に合理的な根拠はありません。

今回の容積率緩和はホテル用地に限定されています。
その背景には訪日外国人客が急増しているため、高層のホテルを建てることで客室数を増加させる狙いがあります。
民泊の規制緩和とあわせ、訪日客の受け皿づくりを急いでいるのです。

しかし、より大きな視点で考えれば、長期的に海外から資源を取り込むために、ホテル用地のみならずビルや住宅においても容積率を拡大していくことになるでしょう。
これは、国が目指すコンパクトシティにも通じる方向性といえます。

実態に合わない制度も常識も街も変わる

実は日本でも上空の土地を意識した動きは既に始まっています。

例えばJR東日本が、東京駅上空の余った容積(空中権)を周辺の「新丸の内ビル」や「ツインタワー」、「東京ビル(TOKIA)」などへ約500億円で売却し、東京駅の改装費用を捻出したことは有名です。

ただ、虫食い的に容積を挿げ替えることが必ずしも望ましいわけではありません。
むしろ、局地的に高度利用を行うことは、渋滞や混雑を引き起こします。
地域全体が最適化するよう適切なタウンマネジメントを行い、また、日照や通風、採光など、個々の権利を調整する必要もあるのです。

簡単にはいかないとはいえ、大切なのは、利便性の高い地域に人が集まる社会に向け動き出している大きな流れを捉えることです。
長期的には、マンハッタンの摩天楼のように超高層ビルが日本にも当たり前にでき、人口を都心で大きく吸収する時代がくるかもしれません。

国交省も「国土のグランドデザイン」の中で、2050年には日本国土の60%以上の地域で人口が半分以下に減少するという試算がなされています。
逆にいうと、人口を局地的に集約することで国を維持していく必要があることを意味します。

容積率のみならず、法定耐用年数に縛られた不動産の評価や減価償却期間など、実態とかけ離れた現行制度には多くの問題が指摘されています。
人口も世帯も減少していく右肩下がりの時代に突入している日本、今後ますます制度改革が求められ、今の常識の延長上では推し量れない街が形成されていくでしょう。

このコラムを書いた専門家に質問できます

加藤 豊さん
不動産コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ