JIJICO

神田 正範さん

防犯・防災コンサルタント

海外渡航時の安全対策-バングラデシュテロ事件を受けて-

2016年7月18日

地球規模の緊急事態と言わざるを得ない

 親日国であるバングラデシュで起きたテロ事件は、専門家である私でも驚かされる事件でした。
現在の世界情勢を鑑みた場合、地球上に安全な場所は無いと言わざるを得ません。

 近年のテロ活動はインターネットを巧みに利用し、その事件背景すら変えながら広まっていると感じられます。
過去のテロ事件は、共通した政治的な目的意識が背景にあり、共感した者同士が意思表現の為に行われる事が殆どでした。
しかし、現在のテロ事件を考えた場合、目的が殺戮であり、その背景に共通するものが殆ど感じられません。
つまり、共通する目的意識は後付けのようなもので、不平不満を持つ人間を募り、洗脳紛いの手法で、一般人をテロリストに変貌させているのかも知れません。

もう他人事では済まされない

 
 テロ事件を未然に防ぐ方法として「水際で防ぐ」方法が一般的に知られています。
つまり、テロリストを入国させないという方法です。
各国とも真剣な取組みがなされ、軍隊や軍さながらの装備を有した組織が、国境の警備活動を行っており、入国は安易なものではありません。

しかし、SNSなど通信手段を利用し、テロリストを現地調達できたとするならば、違った観点からの対策が必要になります。
海外渡航時には、旅行や仕事など目的に関係なく、被害に遭わない為に、また被害に遭った時の対策を身に付けなければなりません。
そして、テロ行為の標的は「どの国の人物か?」や「どんな仕事をしているか?」などは関係ないと考えるべきです。
前述したように、もしテロリストが現地調達なら、その国々によって違う「風習」や「習慣」なども考慮しなければなりません。
渡航先で被害に遭わない為に、自身の常識を捨てる必要もあるでしょう。

自身の命は自分自身で守る覚悟

 防災対策では「自助」「共助」「公助」と三段階に分けて対策を行わなければならないとされています。
テロ事件から自身の命を守る為にも同様の事が考えられます。
仮に「自衛」「共衛」「公衛」とします。
「自衛」は自分で守る、「共衛」は互いに注意喚起して守る、「公衛」は大使館や外務省など国家機関に頼ることです。

災害に限らず、真っ先に求められるのは、自分自身の対策である事に変わりはありません。
自分がテロ事件に遭遇した場合、頼れるのは自分以外に無いことは明白な事実です。
そして、悲惨なテロ事件に遭遇しない為にするべきことは「死にたくない」と真剣に感じることです。
それが安全対策の第一歩です。

海外渡航時にするべき安全対策
1.外務省「海外安全ホームページ」で渡航先の治安事情を調べる。
2.渡航を断念する勇気を持つ。
渡航した場合
3.昼夜を問わず、群衆の集まる場所へ近づかない。
4.劇場やレストランなどを利用する場合は、避難経路を事前に確認する。
  また、避難経路に最も近い場所(席)を利用する。
5.公共の交通手段(電車やバス)を利用しない。
6.不審者、不審物に安易に近づかない。
  また、危険(非日常)の察知に努め、気づいた場合は計画(予定)を中断する。
7.異変に気づいた場合は、避難を何よりも優先させる。
  また、現地大使館の場所を正確に把握する。
8.家族や知人との連絡を小まめに行う。
9.現地の休日には、特に強い意識を持つ。
10.事件に遭遇することを前提に行動(計画・予定)する。

そして、安全対策の最後に「悲しまなければならない結果」を付け加えます。
もし、自分自身がテロ事件に巻き込まれ命を失ってしまった時に備え、家族へ対する「思いやり」を必ず準備してください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

神田 正範さん
防犯・防災コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ