JIJICO

早川 弘太さん

健康コンサルタント

カフェイン抜きコーヒー『デカフェ』が広げるコーヒーの楽しみ方

2016年7月26日

コーヒーがもたらす効果効能

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_m最近話題の飲料に、カフェインを抜いたコーヒーがあります。
『デカフェ』の名称で広まっています。
カフェインというと『たくさん摂取すると体に悪そう』というイメージをもっている方も多いですが、医薬品としても使用されている成分で一概に『体に悪い成分』と決めつけてはいけないでしょう。

ところで皆さんが、コーヒーを飲みたくなる時はどんな時でしょうか?
多くの方が『朝の目覚め』『リラックスしたい時』『眠気覚まし』ではないでしょうか?

ここに1つのコーヒーという飲み物の特徴があると思います。
『目覚め』と『リラックス』これはある意味正反対の物です。
シャッキとしたいときにも飲むし、のんびりしたい時も飲む、とっても不思議な飲料です。

コーヒーに含まれるカフェインの働き

今回の話題であるカフェインというと「眠気覚まし」というイメージが強いと思います。
実はそれ以外にも様々な働きがあります。

カフェインの働きとしては、眠気覚ましなどの興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などが広く知られていますが、このほかにも「自律神経の働きを高める」 「集中力を高め作業能力を向上させる」 「運動能力を向上させる」など、様々な効果が明らかになってきています。

このような働きがあるカフェインですが、中枢神経を興奮させることにより様々な働きを体内で起こしますが、過剰摂取が命に関わることもあります。

医薬品としてのカフェインは、一部の喘息の薬と併用すると副作用が出やすくなったり、胃潰瘍や緑内障、心臓病がある人には医薬品としてのカフェインは慎重な使用が求められています。

また、昨年は日本で初めて、カフェインの過剰摂取による死亡例が出てしまいました。
これは夜勤が続く方が、カフェインが大量に入っているエナジードリンクと言われる清涼飲料水やカフェインの錠剤などを大量に摂取したことが原因です。
国内では初ですが、実は海外では以前より死亡例が確認されていました。

カフェインはまさに毒にもなるし、薬にもなる、典型的な成分と言えるでしょう。
しかしコーヒーの魅力は決してカフェインを取れることだけではありません。

カフェイン効果以外のコーヒーの魅力を楽しめるデカフェ

味わいや香りを楽しむことやゆっくりとコーヒーを飲むことによるリラックス効果など、成分だけでは判断できない素晴らしい働きがあると思います。

カフェインの良い点、悪い点、それぞれありますが、大切なのは『デカフェ』のコーヒーが広まることで、我々は状況に合わせてコーヒーを選ぶことができるようになったことです。
また、カフェインが気になって飲むことができなかった妊娠中の方や、授乳中の方も安心して楽しむことができる商品も発売されるかもしれませんね。

リラックスしたい夜や、夕食後のリラックスで飲みたい時に飲むコーヒー。
目覚めをすっきりさせたり、集中力を高めたい時に飲むコーヒー。

このようにカフェインの効果効能を上手に使いこなすことができれば、自分にあったコーヒーを選んで楽しむことができます。
そもそもコーヒーは嗜好品です。
たくさん飲んで健康に良いとか悪いとかいう問題でなく、楽しみながら、必要に応じて適量を飲むことが一番です。
どちらにしろ、我々消費者にとっては選択肢が増えるということは喜ばしいことだと思います。
みなさんも自分の体調や環境にあったコーヒーを選んで楽しんでみてください。

このコラムを書いた専門家に質問できます

早川 弘太さん
健康コンサルタント

無料で相談してみる

「くらし」のその他の記事

2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
知らず知らずのうちにマナー違反?最低知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。
2017年7月21日 影山 正伸さん
社会保険労務士
東京都で時差BIZキャンペーン開始!通勤ラッシュ緩和につながるか?
東京都は7月11日から25日まで、通勤ラッシュ緩和のため「時差BIZ」キャンペーンを始めました。企業の多様性の受容が必要ですが、定着するでしょうか?
2017年7月20日 長谷川 満さん
家庭教師派遣
小中学生の親必見!夏休みの宿題は親子で楽しもう!
子どもたちにとって待ちに待った夏休みですが、忘れてはいけないのが大量の宿題。でも、工夫次第で子どもの成長につながる貴重な体験に繋がります。
2017年7月20日 大西 勝也さん
内科医
大流行の手足口病!大人にも感染するの?
手足口病が今年も大流行の兆しを見せています。手足口病はウイルス感染症で、乳幼児を中心に流行しますが、大人に感染することも。注意すべきポイントは?
2017年7月19日 目代 純平さん
ITコンサルティング、ITコンシェルジュ
ACジャパンの桃太郎CMが話題に!ネット上でのマナーをあらためて考える
桃太郎の物語を題材に「ネット炎上」の惨状を描いた公共広告が話題になっています。多くの人がネットを使うようになった今日、みんなが気持ちよくネットを使うためにはどんな配慮が必要か、考えてみたいと思います。
2017年7月19日 五十嵐 かほるさん
イメージコンサルタント・ファッションプロデューサー
本格的な夏到来 加齢臭の10倍臭いと言われるミドル脂臭にご注意を!
「オトコ臭?」「ミドル脂臭?」体臭に気を配る男性へ!良い汗をかくことや食生活で「汗腺機能」を高めることに注力も!そして、一人で気にしていないで社内全員での臭い対策も提案してみては?

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ