JIJICO

長谷川 満さん

家庭教師派遣

習い事をやめたいと言い出した子どもに親はどう対応すべきか?

2016年7月30日

子どもが習い事をやめたいと言い出したら親としてどうするか?

「小学校2年生の娘が習い事をやめたいって言っているのだけど、どうしたらいいですか?」ある子育て講演会でこんな質問がありました。
「子どもさんがやめたいって言っているのだったらやめさせてあげたら。」
「いいんですか、やめさせても」
「いいですよ、無理して通わせなくても。何もお金出して子ども苦しめることはないですよ。」
「そうですね。そうします。」
その方も薄々そうしようと思っておられたみたいでスッキリした明るい表情になられました。

習い事をやめさせてもいいかをためらう3つの理由

習い事や塾を子どもがやめたいからといってやめさせていいものかどうか・・
親は悩むところです。
なぜでしょう?
そこには大きく分けて3つの心配があります。

今までの時間とお金が無駄になってしまうという親の気持ち

一つ目は、今まで習わせていたことが無駄になってしまうんじゃないかという心配。
これは考え方の問題ですが、今までかけたお金と時間を惜しむよりも、無理やり続けさせて無駄にしてしまうお金や時間の方が勿体無いように思います。
子どもがもうやりたくないと感じているのに無理に通わせても、その習い事が苦痛になるばかりでちっとも上達しないし、やめさせてくれない親を恨むならばかりになるなら何をしていることか分かりません。
今まで習ってみて自分には合わないとわかったことだけでも一つの学びだし、途中でやめる経験も一つの学びと考えるなら決して今までのことも無駄ではないと思います。

持続力のない子どもになってしまうのではという親の心配

二つ目は、何も続かない子になってしまうんじゃないかという心配。
好きで得意な習い事なら続きますし、苦手なものや嫌いなものは続きません。
これは性格の問題ではなく向き不向きの問題です。
嫌なものを無理に続けさせたところで根気のある子には育ちません。
意志の強さや折れない心といったものは好きなものを続ける中で困難にぶつかり、それを乗り越えることで身につくものです。
前提にはそのことが「好きかどうか」「どれだけの思い入れがあるか」が問われます。
そんなに好きでもないものに対して頑張れないのは当たり前の話であって、そのことで何も続かない子にならないかと心配する必要はありません。

子どもに甘い親とみなされる思い込み

三つ目は、忍耐力のないわがままな子になってしまうんじゃないかという心配。
そういう子どもに甘い親は、親としてダメなんじゃないかという思い込み。
 
例えばあなたがパート勤めに出てその仕事や職場の雰囲気が合わなかったとします。
そういう理由でその仕事を辞めることは決してわがままではありませんし、忍耐力がないわけでもありません。
それはただその仕事や職場が合わなかったというだけの話であり、子どもの習い事も同じです。

子どものやめたいという気持ちを理解し、尊重することを「子どもに甘い」と見る風潮がありますが、親子といえども互いに理解しあい、尊重し合う気持ちがなければ信頼関係は築けません。
それは決して甘いのではなく信頼しているから出来ることなのです。

また、子どもがもっと遊びたいという理由で習い事をやめたいと言った場合、親はそんな理由ではダメと言いがちですが、子どもにとって自由に遊ぶ時間というものは創造性や社会性を身につける上でとても大切なものです。
子どもは遊びを通じて学び成長しているとも言えます。
そして子どもが自由に存分に遊ぶ時間を求めるのは自然なことであり必要なことです。

子どもの気持ちをしっかり聞いた上でやめるかどうか決めさせてあげる

 
大切なのはゆっくりと子どもの気持ちを聞いてあげて、やめるかどうかを決めさせてあげること。
そうすることで子どもは主体性や責任感を身につけていきます。
そして何よりも、お父さんお母さんは自分を大切にしてくれている、尊重してくれていると子どもとの間に信頼関係が築けることが子どもの前向きな意欲や折れない心につながっていきます。

このコラムを書いた専門家に質問できます

長谷川 満さん
家庭教師派遣

無料で相談してみる

「教育」のその他の記事

2017年7月27日 村越 真里子さん
夫婦問題カウンセラー
解決!アスクミー JIJICO
県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?
県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。
2017年7月26日 家田佳代子さん
コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
2020年に向けて どうやって乗り越える?テレワーク
2020年に向けて、テレワーク・デイという試みが始まりましたが、浸透には程遠い状況です。テレワークの実現に企業がすべきこととは?
2017年7月25日 小倉 越子さん
社会保険労務士
解決!アスクミー JIJICO
残業代ゼロ法案は働き方をどのように変えていくのか?
「残業代ゼロ法案」とは?「高度プロフェッショナル」とは?意味を正しく理解し適正な労務管理を行わなくては、残業代ゼロ社会は実現しないでしょう。
2017年7月25日 杉山 夏子さん
ファイナンシャルプランナー
解決!アスクミー JIJICO
賃貸アパートで大家さん業?それとも現金で持つ?相続対策のあり方
相続税対策として賃貸アパート経営を選ぶ人が増えていますが、現金で持っているよりも有効なのでしょうか?専門家が解説します。
2017年7月24日 林 朋寛さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
刑法改正で性犯罪が厳罰化へ 性犯罪は減少するのか?
「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更、厳罰化、「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」の新設、起訴は被害者等の告訴不要に。しかし、課題や問題も。
2017年7月23日 河野 晃さん
弁護士
解決!アスクミー JIJICO
共謀罪法施行 準備行為の規定があいまいで企業活動委縮の懸念
組織犯罪処罰改正法が施行されました。同法の改正については、日弁連をはじめ各種団体、学者らからの反対がありましたが、実際の運用はどうなるのでしょうか。
2017年7月23日 平松 幹夫さん
マナー講師
解決!アスクミー JIJICO
知らず知らずのうちにマナー違反?最低限知っておきたい食事時のマナー
日本人は食の安心・安全には敏感ですが「心を通わせて食べる」ことは苦手なようです。最低知っておきたい食事時のマナーについて解説します。
2017年7月22日 清水 泰志さん
経営コンサルタント
解決!アスクミー JIJICO
全成人に月8万円配布の提言が話題に。ベーシックインカムの利点と問題点
ベーシックインカムは企業中心の社会保障制度への代替案という意味だけではなく、人間の生存権をどう考えるかという理念的課題を含んでいます。

JIJICOメルマガを受け取りますか?

> 受け取る

テーマ